犬の引っ張りを治す超簡単なしつけ方とは!?散歩を楽しくする裏技


飼い主さん
散歩のときにがリードを引っ張りどんどん前へ進んで困っています…

リードを引っ張られるのはすごく大変ですよね……。

ワンちゃんもリードで首が絞まって苦しそうですし、合図をしても聞いてくれないのですごく危険です。

楽しいはずの散歩であなたやワンちゃんが事故にあったり、周りの人々に危害を加えたりしたくないですよね。

まあさ
そんなあなたのために引っ張り癖を治すしつけのコツを教えます!!

 



しつけの前にワンちゃんの散歩のときの気持ちを考えてみる

ワンちゃんの引っ張り癖を治す鍵は、散歩中のワンちゃんの感情を知ることにあります。
散歩のときワンちゃんはどんな感情なのでしょう?

 

興奮するほど散歩が好きなワンちゃん

散歩のときしか外出出来ないワンちゃんは退屈ですよね……。
特に室内犬だとずっと家にいるので、身体も動かせなくてストレスが溜まっています。なので外に出るのが絶好のストレス発散になるのです。

結果、外に出た解放感から、興奮してリードを引っ張っちゃいます。ひどいときは嬉しさのあまり散歩の準備をしている間にお漏らし(うれしょん)をすることも…。

散歩に行く前にまずは、ワンちゃんを興奮させないようにおすわりをしてもらって、落ち着いてからリードを着けましょう。大型犬は引っ張られると大変危険なので、散歩前に少し遊んで疲れさせてから散歩する方がいいですよ。

まあさ
ちなみに、うれしょんはワンちゃんにとって服従している合図ですので、絶対に怒らないでくださいね。
この時に声をかけると構ってもらえてると勘違いして治らないので、ワンちゃんにはかわいそうですが、無視して掃除しましょう。

 

あなたがワンちゃんに飼われているかも!?

あなたが行きたい方向にワンちゃんを引っ張っていると、ワンちゃんもリードを引っ張るとあなたが付いてきてくれるものと間違って学習します。
つまり、散歩を「お互いがお互いを行きたい方向に引っ張って連れて行くもの」と勘違いしてしまうんですね。

これが徐々に悪化して、ワンちゃんが主導権を握ってしまう散歩になるんです。こうなると、散歩中だけじゃなく、日常生活における主従関係もおかしくなります。

ご飯の時間になれば吠えるし、自分が家(縄張り)のだと勘違いしているので、縄張りを守るために常に警戒していないといけなくなり、ストレスもたまります。
ですから、ワンちゃんがリーダーになってはいけないのです。

 

リードを引っ張られないようにするための抵抗

ワンちゃんはリードを引っ張られると苦しいです。あなたに何度も引っ張られると、引っ張られないようにずっと引っ張ってしまいます。

ワンちゃんも人と一緒で、首はすごく大事な部分です。その首を引っ張られると首が絞まりますし、頸椎や神経へダメージが出るかもしれません。
また、引っ張り癖がついていると身体に負荷がかかり腰痛や足の骨折の可能性も出てきます。

ハァハァ言いながらリードを引っ張っていたり、体が傾いていたりする場合は要注意です。

 

先頭を歩く犬の引っ張り癖のしつけ方

まず、玄関を出るときはあなたから出ましょう。あなたがリーダーだと理解してもらうのと、安全に散歩するためです。

リードを引っ張るワンちゃんは、散歩に行くと分かると、途端に興奮状態になるので、「待て」と「おすわり」だけでも聞いてもらいましょう。
時間がかかっても、あなたが先に玄関を出られるようになるまでは出発してはいけません。

ここからは、散歩の導権があなたにあるということを、ワンちゃんに理解してもらうための方法をお話しします。
普通の散歩とは違う、変な動きになってしまうので、やっている最中は少し恥ずかしさがあるかもしれませんが、「これもしつけのため」と思って、ワンちゃんがしっかり理解するまでは継続しましょう。

 

手順1「散歩中にワンちゃんがリードを引っ張る直前に立ち止まる」

まず、散歩中はリードを短く持ちましょう。

リードを引っ張っているとき、ワンちゃんは興奮状態にあるので周りが見えていません。リードを短く持たないと、交差点などあなたが周りを把握できない場所ではすごく危険です。
ですから、多少歩きづらそうになっても、リードは短く持つことです。

そして、いざワンちゃんがリードを引っ張ろうとしたら、すぐに立ち止まってください。
こうして、リードを引っ張ると散歩が出来なくなるということと、引っ張っても進めないということをしっかり教えましょう。

しつけの基本コマンドの一つ、「あとへ」と声をかけてあげるのもいいですね。その時ワンちゃんがあなたのもとに戻ってきらいっぱい褒めてあげましょう。

 

手順2「少しリードが緩んだら反対を向いて歩きはじめる」

来た道を戻る感じですね。ポイントはあなたが主導権を握っている感じで、あなたのペースで歩くことです。
ここでまた引っ張るようなら、手順1を行います。

これらの手順を、ワンちゃんが「自分に主導権がない」と思ってくれるまで根気強く繰り返しましょう。

同じ場所しか歩いていないので、新しい臭いなどもなく興奮していたワンちゃんもある程度落ち着いてきます。段々あなたの方に意識がいくと思うので、そのときは褒めてあげてください。

このしつけは、「今日はお休みにしてワンちゃんの好きにさせよう」とか、「この区間だけしよう」というのはやめてください。
ワンちゃんが混乱して、どうしたらいいかわからなくなります。

まあさ
どんなしつけでも重要になってくるのが、一貫性です。
ワンちゃんは賢いですが、人間ほど賢くはありませんので、「今日は特別」というイレギュラーを理解できません。
また、同居している人とあなたでしつけ方が違うのもよくありません。必ず統一しておきましょう!

 


ワンちゃんがリードを後に引っ張る理由

今度はワンちゃんが急に座ったり、リードを後ろに引っ張ったりしたときのことを考えてみましょう。

 

散歩デビューは不安だらけで怖い

ワンちゃんにとって家の外は知らないことだらけなので、慣れるまでは怖いですよね。それに加えて、リードを着けられていることで苦しくて散歩が嫌になっているかもしれません。

まずはリードから慣れさせて、散歩も家を出るくらいから始めましょう。

 

ワンちゃんの体調が悪くて散歩を嫌がる

ワンちゃんの様子を見て、異常がないか観察しましょう。

歩き方やご飯、排泄、しぐさなど、いつもと違うところがあれば病気やケガをしている可能性がありますので、すぐに病院に行きましょう。

 

過去に嫌なことや怖かったことがあったので進みたくない

ワンちゃんが進みたがらないようなら、その先でワンちゃんに過去に何かあったかを考えてみてください。
ワンちゃんの見たことないモノや人や自動車、大きな犬に吠えられたなどがあって、それが怖くて進みたくないのかもしれません。こういうときは、別の道を進むと付いてきてくれます。

克服できるようにおやつで注意を引くのもいいですね。

パダワン
(ハッ…!!この先はあのバカでかい狼犬がいる…!!)
まあさー! こっちいこうぜ!! な?
まあさ
はーいおやつあげますからねー♪
パダワン
スタスタスタ……

 

立ち止まるとあなたに構ってもらえると思って歩かなくなる

こんなとき、ワンちゃんを抱っこしてあげたくなりますが、一度構ってあげると癖になってしまいます。
リードを軽く引っ張って歩いてもらいましょう。
あなたが楽しそうに散歩していると、ワンちゃんも楽しくなりますよ。

しかし、体調が悪くて立ち止まっているかもしれないのでよく観察してください。
もしかしたらガラス片などを踏んでケガしているかもしれません。
ワンちゃんの歩く道も注意してあげてくださいね。

真夏のアスファルトが熱すぎて帰ろうとする

ワンちゃんが足を火傷してしまうので、昼間の散歩はできるだけ避けたほうがいいです。
アスファルトが触れないほど熱くなるのは、猛暑日のときだけだと勘違いされがちですが、実際は気温30℃ほどでもアスファルトは60℃を超えます。

また、アスファルトは日が落ちてもすぐには冷めません。
猛暑日には散歩の時間をいつもより遅くするなどして、ワンちゃんが快適に散歩出来るようにしてあげましょう。

パダワン
焼き肉球になっちまうぜ……

こちらの記事も人気です

ペットが持つ癒し効果の秘密!ペットを飼ってあなたの毎日に癒しを!

2019.01.06

 

まとめ

  • ワンちゃんが引っ張るのは理由があるので、よく見てあげてください。
  • 散歩中にリードを引っ張らなくなったらいっぱい褒めてあげてください。
  • あなたがリーダーになるとワンちゃんが引っ張らないようになります。
  • 散歩中に止まるのも理由があるので、ワンちゃんの気持ちになって考えてみましょう。

言葉も通じないのでワンちゃんの気持ちもわからないし、こちらの気持ちもわかってくれないのですごく大変ですし根気が必要です。

しかも、あなたにとっては辛いこともやらないといけないので心が折れそうになりますが、ワンちゃんへの愛できちんとしつけてあげてください。

どのワンちゃんも賢いので乗り越えてくれるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。