犬をソファに乗せないためのしつけ!そのしつけ方法や対策方法

パダワン
ふぅーやっぱりソファは落ち着くぜ!
まあさ
ダメ!降りなさい!

パダワン
うわぁ!
パダワン
はいはい。降りますよーっ。なんで人間はソファに座っていいのに、俺たち犬はダメなんだ?理不尽だわん!

だいたいの人がソファに乗せないようにしつけますよね?それはなぜでしょう?犬がソファに乗ってしまう理由と合わせて、お教えします。

 

犬はソファーが好き?

まあさ
ハッキリ言いますと、大抵のわんちゃんは大好きです。その理由が……
  • フワフワして柔らかくて、寝やすい。
  • 飼い主さんの匂いがする。飼い主さんのそばにいたい。
  • 目線を高くして、部屋を見渡したい。
  • 遊び、運動をするのに最適など

犬それぞれの個体の個性にもよりますが、一番の理由はソファの寝心地の良さと、飼い主さんを近くに感じることの安心感です。

人間も犬もすべての生き物に言えることですが、好きなもののぬくもりを感じることができ、楽な姿勢になれる場所は、誰だってお気に入りスポットになります。

さらにソファに乗り目線が高くなれば、視野が広くなり自分の危険をいち早く感知もできますし、上下運動もしやすく、ソファは柔らかい素材で出来ているため、噛み心地もよく最高のおもちゃにもなります。

パダワン
そう。俺たちにとってソファはなくてはならない存在であり、そして切っても切れない関係なのだワン…
まあさ
そう…。では、なぜわんちゃんはソファに座ってはいけないのかを教えますね♪
パダワン
…無視かよ!

 

なぜ犬はソファに座ってはいけないの?

ソファが大好きで、ソファにくつろいでいる犬を見ているのはとても微笑ましく癒されます。しかし、犬の性格によってはその行為を容認することで、後々大変なことになってしまうのです。

まあさ
さらには、飼い主さんとわんちゃんの関係にひびが入る恐れもあります。
そうならないためにも、なぜいけないのかを見ていきましょう。
  • 腰や関節に負担がかかる。(特にコーギーやダックスフンド)
  • ソファをボロボロにされる。
  • 指示を聞かなくなり、主従関係が崩れる。
  • 様々な場所を占領し、自分が一番だと認識し、攻撃的になる。

ソファの乗り降りにあまり負担のかからない大型犬で、問題行動を起こさない比較的精神が安定した性格の犬であれば、一緒にお昼寝をしたり、くつろいだりなどをしても特に問題はありません。

まあさ
ラブラドール、ゴールデンレトリーバーなどは、温厚な性格の子が多いので、ソファにのせても大丈夫な子が多いようです。

しかし、コーギーやダックスフンドなどの足の短い犬種、ポメラニアンや、パピヨンなどの小型犬は、頻繁にジャンプなどの上下運動をすると足や腰に負担がかかりやすいため、椎間板ヘルニアになるリスクが高くなります。

また、自我の強い柴犬やチワワはもともとしつけをするのにコツのいる犬種です。
常に、ソファに乗ることを許す行為は、人間と同じ立ち位置で、くつろげる最高のご褒美です。本来、しつけが上手にできたときにもらうはずのご褒美を、何もしていないのにご褒美をもらっていることになります。

ご褒美を与えられ続けている自我の強い犬種は、何もしなくてもご主人様に怒られないし、優しくしてくれるから言うことを聞かなくてもよいと認識します。

それが積み重なれば、気に入らないことがあれば噛みついたり、ソファだけでなく家中の家具をボロボロにする、粗相をするなどの問題行動が起きます

さすがに可愛がっている愛犬とはいえ、そんな問題行動を起こされ続ければ、飼い主さんだけでなく、同居している家族の精神的負担にもなり、さらにはお客さんを家に迎え入れた際に、言うことを聞かなくなった犬が攻撃し、最悪怪我をさせてしまったら、とても大変です。

まあさ
大げさかもしれませんが、何事も最初が肝心です。犬と人、お互いストレスを感じない生活を送るために、良くないことにはストップをかけてしっかりと、しつけることも優しさの一つだと私は思います。

 

犬がソファに乗らない工夫をしよう!

まあさ
では、まずわんちゃんがソファに乗らないようにちょっと工夫をしてみましょう♪

わさび
工夫?どんなことをするの?

まあさ
それはですね…ソファの上や周りにアイテムを置くことです♪

  • 乗り降りする場所のあたりにクッションをおく。
  • お酢、タバコ、アルコール、柑橘系、化学物質(香水、サロンパス、虫除けスプレー)、胡椒、マニキュアなど、犬の嫌うニオイのするものを近くに置く。
  • 犬用にベッドやクッションを作る。

ソファの人が座っていない場所に大きなぬいぐるみやクッションなど、ボリュームのあるラグ系のアイテムで場所を埋めてしまい、犬の乗り降りができない状態をつくってみましょう。

または、犬の嗅覚を利用する方法もあります。犬の嗅覚は人の100万倍優れているそうです。その性質を利用し、犬の嫌いなニオイの柑橘系の消臭スプレーや香水を振りかけたタオルを、ソファに置いてみるのも効果的です。

まあさ
または、ソファ周りのサイドテーブルに、マニキュアや香水の瓶。
喫煙される方は、タバコのニオイがついた灰皿を置く、という手もありますが、元気なわんちゃんの場合、机の上のものを倒すのが好きな子もいるため、犬の性格を考慮したうえで、難しい場合は避けましょう。

一番良い方法はソファよりも、かなり低い位置、犬用ベッド、ソファを設置することです。

人がソファに座った時と同じ位置、またはそれ以上高い場所の設置は、小型犬が乗り降りする際に、腰の負担になるだけでなく、飼い主より犬の方が目線に高い位置にある状態が常になると上下関係が反対になり、しつけが難しくなります。

ウーモ
なるほど〜!だから床に犬のくつろげるスペースを作るんだね!

 

犬がソファに乗らないようにしつけをしよう!

まあさ
だいぶ脱線しましたが、ここが本題です。

パダワン
長々と余計な事言いすぎだワン。

まあさ
だって、「なんで犬はソファに乗ってはいけないのか!」って怒っていたの、パダワンじゃない?だったらきちんと説明した方がいいかなぁって。

ウーモ
確かにー!いきなりダメだからしつけるって言われたら、反抗したくなるよね。

パダワン
確かに。そしてわさびは堂々とソファに乗るんだな。
わさび
猫の特権ですからー♪
パダワン
…。

子犬をソファーに乗らないようにしつけたい場合

子犬は生まれて数ヶ月で頼りなく、小さくて可愛いのはわかりますが子犬のしつけはとても重要になります。ベッドやソファーに乗せて可愛がる行為は、成犬になってからもそのまま癖になり、直すのが困難です。絶対にしてはいけません。

愛情表現は地面、床など、犬の目線が人間を見下ろす角度ではない場所で行うのが重要です。それを繰り返す事で、ソファーやベッドは愛情表現をしてくれる場所ではないと認識し、興味を持たなくなります。

犬が気がつくとソファーに乗っている場合のしつけ方法

飼い主さんの匂いがするので、安心したくて乗っている場合があります。その場合は見つけたらすぐに叱り、ソファーから降りるように促します。

まあさ
ポイントは厳く叱るのではなく、分かりやすく、簡潔に、毎回全く同じ方法で叱る事です。

順番としては、

  1. ソファから降ろす、もしくは降りるように促す。
  2. 降ろした後、しっかり犬の目を見て、「ダメ」と力強い声で一言伝える。これを繰り返す
  3. ソファには乗らず、床や犬用ベットにいた場合は、ご褒美をあげて、大げさにほめる。
まあさ
飼い主さんの手で降ろす場合は、決して乱暴に降ろしてはいけません。
受け身が取れず怪我をしてしまったり、乱暴に扱われたことで、精神状態が不安定になります。
両手で、お腹から背中までをしっかり掴んでから、地面にそっと降ろしましょう。
カメマルさん
言うことを聞かず腹が立つのは分かるのじゃが、何事も感情的になって行動したところで解決はしないものじゃよ。
わさび
そうよ。カメマルさんにおやつの野菜取られたぐらいで感情的になっても解決しないわよ。ウーモ。
ウーモ
…。
カメマルさん
その通りじゃ。ウーモよ。
まあさ
カメマルさんは開き直らないでください。

 

飼い主さん
犬用ベッドに私の匂いがついたタオルを置いたら、わんちゃんが安心してソファに乗らないようになりました。
ちなみにうちはこのベッドを使っています。

【ライフライク・LIFELIKE】【レビューを書いて300円OFFクーポンGET!】アーバンスタイルスクエアベッド(Mサイズ)【秋冬ベッド インテリア おしゃれ 犬用 ベッド】

created by Rinker
¥4,212 (2019/05/25 05:38:47時点 楽天市場調べ-詳細)

補足 無視をするしつけの仕方について

吠え癖の激しい場合に使われる「吠えたらケージに入れて無視をする」しつけ方法ですが、ソファのしつけでは無意味です。
吠え癖の激しい犬は、だいたいは飼い主さんにかまってほしい時、アピールで吠えますそのため、無視されることでかまってもらえないと認識し、吠え癖が治ります。

しかし、ソファの場合はリラックスしたくて、乗ることがほとんどです。無視をされているということは、「ここでくつろいでよい」と犬は解釈してしまいます。 

元々ソファの上に乗る成犬をひきとった場合のしつけ方法

成犬ですと、習慣や性格が確立されて、いきなりソファに乗らないようにしつけるのは、ほぼ不可能です。この場合は、乗ったら降りるというコマンドを教えてあげます。

基本のやり方は、乗ったら「おりて」と伝える方法なのですが、最初は言葉のみで行うのは難しいと思います。なので、まずは床におやつを置いてみましょう。置いたら同時に「おりて」と伝えます。

これを何度か繰り返し、少し慣れてきたなと思ったら、おやつを持った片手を後ろに隠し「おりて」と伝えましょう。

片手を背中に手を回すことで犬はいつも、もらっているおやつがその手にあると理解し、降りてきます。それにも慣れてきたら、おやつなしで降りられるようになるまで、根気強く教えましょう。

乗ったら降りるというコマンドができるようになったら、先ほどの、ソファに乗らないようにするしつけ方法を行っていきます。

 

まとめ

  • 犬はソファが大好き!その理由は、寝心地が良く、飼い主さんを近くに感じられるから。
  • 犬がソファに乗ってはいけない理由は、足腰の負担、ソファをボロボロにされる、指示を聞かなくなるなど。
  • 犬がソファに乗らないようにする方法は、ソファにクッションなどの障害物や犬の嫌いな匂いのするものを置く、そして犬用のクッションやベッドを床に設置する。
  • 犬がソファに乗らないようにしつける方法は、子犬をソファやベッドの上で愛情表現しないことと、ソファに乗ったら、降ろして「ダメ」と伝えること。
  • 元々ソファに座る癖のある成犬は、まず乗ったら降りるというコマンドを教える。

犬のしつけは、犬の性格、状況に応じて方法を変える必要があります。その中でもソファは、犬にとって聖地のように幸せを感じる場所で、乗らないようにしつけるのもなかなか難しいと言われています。

しかし、この難しいしつけを、愛犬と乗り越えられることができたなら、その先にあるのはお互いを尊重しあえる、信頼関係と絆だと思います。

まあさ
最初は大変かもしれませんが、根気よく続けていればきっと、わんちゃんも分かってくれるはずです。
あなたの愛情が試されていると思って、一緒に乗り越えましょう!…しかし頑張っても無理な時は、近くの動物病院に相談するなど、無理はしないでくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。