子犬のしつけの方法を完全網羅!忙しい飼い主の色々な悩みを即解決!


子犬しつけをしていると「この方法は正しいのかなぁ」「中々覚えてくれないなぁ」など色々な悩みが生じますよね。

そんなとき、よくあるのが
「獣医さんやブリーダーさんに相談してみましょう!」
というアドバイス。でも、分かっていても簡単ではないですよね。

こんなこと聞く程でもないかな…と躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか。
人見知りな性格の私もそうでした…。

しかし、インターネットでしつけに関する情報を調べてみても、多くのサイトは情報量が多すぎて、要点が分かりにくいですよね。

この記事では読者がどういったことで悩まれているのか?という部分に焦点を当て、”子犬のしつけ方法”に関するよくある悩みをピックアップし、解決方法を簡潔にまとめました

是非参考にしてみてください!

 



子犬のしつけ方法【トイレのしつけ編】

悩み①:トイレを失敗してしまう

【考えられる原因①】
ケージ内にトイレを設置している。
【解説と解決策】
犬は本来とてもキレイ好きな動物で「寝床付近では排泄しない」という習性があります。
トイレの設置場所は、寝床付近やケージに隣接する場所はやめて別の場所に設置すると良いでしょう。
子犬が良く行動している場所に設置するのも良いですよ。

【考えられる原因②】
排泄後のトイレの上で寝るなど、キレイ好きの習性が弱まっている、なくなっている。
【解説と解決策】
ペットショップなどが汚れた環境で飼育していた、または、犬種によって習性が弱かったりします。
この場合、残念ですが根気強くしつけを行うしかありません。

 

悩み②:飼い主がいると失敗しないのに自分で排泄をすると失敗してしまう

【考えられる原因①】
トイレ環境が好ましくない。
【解説と解決策】
トイレ環境については次のことが当てはまらないか確認してみてください。
トイレ環境チェック
  • トイレシートが汚れたままになっていないか。
  • 近くに絨毯やマットがないか。
    トイレシートを足の感覚で覚えていて絨毯やマットを区別できていない可能性があります。
  • 香水や殺虫剤のようなニオイの強いものがないか。
  • 人通りが多い、騒がしい場所ではないか。

【考えられる原因②】
日中は仕事などで留守にすることが多いなどの理由によるしつけ不足。
【解説と解決策】
この場合は長期戦になることを覚悟して根気強くしつけを行いましょう。
排泄サイクルを見直すことも方法のひとつです。

 

悩み③:トイレのしつけの方法がわからない、うまくいかない

【考えられる原因】
色々な情報に惑わされポイントをうまく抑えられていない。
【解説と解決策】
成功へのポイントは
  • 同じ場所での成功体験を繰り返す、失敗をさせない
  • 「寝床付近では排泄しない」という習性を利用する
  • 「体を汚すことを避ける」という本能的な性質を利用する
トイレのしつけの流れ(クレートやケージを使う場合)
  1. クレート/ケージに入れて行動を制限。(自由に排泄できないようにする)
  2. 排泄のタイミングでトイレに連れていく。
    【排泄のタイミング】
    • 寝起き、飲食の後、運動後。
    • 子犬なら月齢+1時間が目安。
    • 床をクンクンしたり、ソワソワと同じ場所をクルクルし始めたら。
  3. 10分程度様子を見て排泄しないようであれば①へ戻る。
  4. トイレで排泄できたら褒める。
  5. ①から④を繰り返す
ウーモ
犬界代表のパダワンでも子犬時代はトイレに苦労したの?
パダワン
いやぁ…、オレでも苦労はしたよね。
オレたちはさ、別に困らせようとしてそこら辺に排泄してるんじゃないんだよ。一回や二回じゃ覚えきれなくてどこにすれば良いかわからなくて失敗しちゃうんだよ。
それなのに失敗を怒られちゃうと排泄行為がいけないのかと勘違いしちゃうんだよ
あとね、絨毯とかに染みついた失敗の跡!あれもトイレと紛らわしいからなるべく元通りにしてほしいな

 

子犬のしつけ方法【噛み癖編】

悩み①:痛いと感じる程噛みつくようになった

【考えられる原因①】
子犬のころの甘噛みが噛み癖になってしまった。
【解説と解決策】
生後4〜8カ月くらいの間に、子犬の歯は乳歯から永久歯に生え変わります。そのころは歯茎がムズムズして甘噛みをすることがあります。
また、社会性が身に付いておらず、力加減がわからないまま遊びの延長で噛んでしまうことがあります。
噛み癖を治すしつけの方法
  • 「イタイ!」と大きな声を出し、じっと目を見る。噛むのを止めたらほめる。
  • 噛まれたら遊びを中断して別の部屋に行く。(無視をする)
  • 子犬を仰向けにして、胸と首を抑えて動けないようにして、目を見ながら「ウー」と低い声でうなる。(本来は親犬がする行動)
  • 食事を手で与える。手は良いものをくれると思わせる。

【考えられる原因②】
ストレスが溜まっている。
【解説と解決策】
ワクチンの接種が終わっていたら散歩に連れて行ったり、犬用のオモチャやタオルを使って遊んであげてエネルギーを発散させてあげるのも良いでしょう。


悩み②:色んなものを噛むため、家具もボロボロに…

【考えられる原因】
歯が生え変わるころは特に色んなことに興味深々、いたずら好きなため。
【解説と解決策】
現行犯の場合は「イケナイ」「ダメ」と叱りましょう。
しかし、いつも見ていられるわけではないので、可能であれば家具やソファーなどの噛まれたくないものにガードを作ったりする。また、噛まれたくないものは子犬の届くところには置かない。
柵を作って行けなくするなど行動を制限するのも効果がありますよ。
わさび
そういえば以前、パダワンの家のとなりランディーくんが飼い主さんの友達に噛みついちゃったことあったわよね?
パダワン
あぁ、あったね…。あれはようやく冬が終わるころだったよ。
あとでランディーに聞いたら、ランディーは一緒に遊んでるつもりだったんだってさ。だけど当たり所が悪かったみたいで…。
オレたちがさ、噛んでケガさせちゃうと人間の世界では被害者が告訴すれば過失傷害罪に問われ、30万円以下の罰金になることもあるとかないとか…。
桜が舞い始めるころにはランディーはどこか行っちゃったんだよ。飼い主さんはショブン?とかなんとか言ってたけど人間の世界の話は難しくて良くわからなかったよ。

 


子犬のしつけ方法【無駄吠え編】

悩み①:食事の時間が近くなると吠える

【考えられる原因】
過去にお腹が空いた時に吠えたらエサがもらえたことがあり、記憶の中で“吠えたこと”と“要求が満たされたこと”が結びついているため。
【解説と解決策】
吠えることで飼い主に「欲しいものがある」と伝えようとしています。これを「要求吠え」といいます。
要求吠えにつながるケース
  • 空腹時、食事の時間が近づいてきたとき
  • 散歩に行きたいとき、散歩の準備を始めたとき
  • ケージから出してほしいとき
  • 遊んでほしいとき

解決策としては「相手をしない」「要求に応えない」です。

パダワン
吠えているやつにはエサをあげない。だけど吠えなくなったらあげる。
吠えているやつは散歩には連れて行かない。散歩の準備もやめる。だけど吠えなくなったら散歩に行く。
「なーんだ、要求しても無駄だな、吠えない方が良いことあるな!」と理解させることがポイントだな。
あとは吠えなくなったらちゃんと褒めてあげることも忘れないであげてほしいな。

悩み②:来客のときやインターホンが鳴ると吠える

【考えられる原因】
社会化トレーニングのころ、恐怖心や警戒心を解いてあげることが不十分だった。
【解説と解決策】
何かに警戒したり不安に感じることがあり警戒していることを伝えています。これを「警戒吠え」といいます。
警戒吠えにつながるケース
  • 来客のとき、玄関のチャイムが鳴ったとき
  • 散歩のときに知らない人や犬とすれ違うとき
  • 外で物音がしたとき

解決策としては「インターホンが鳴ったらオヤツをあげる」です。
「インターホンが鳴ったら良いことがある」と教えてあげましょう。

何度か練習をしていくと、今まで「ワン!ワン!」と激しく吠えていた犬が「グフッ、グフッ」と遠慮がちな声を出すようになります。
これは、犬が吠えてはいけないと意識した瞬間なのですかさず褒めてあげてくださいね。

わさび
この“吠える”が愛犬の悩みや困ったことランキング第1位らしいよ。
パダワン
オレたちは「だれか来たよー!」「オレたちの縄張り守らないとやばくね?!」って教えてるだけなのにうるさい!って怒られるんだ…。
でな、抱っこして撫でてくれるもんだから最初は吠えていることを褒めてくれていると思っていたんだけど違ったんだよ!飼い主は落ち着かせようとしてたみたいなんだ。
オレずっと勘違いしてたんだよ…。
あとは、犬たちの中には「お客さんが来た!」とうれしくなって吠えちゃう犬もいるんだぜ。

悩み③:夜鳴きや遠吠えがうるさい

【考えられる原因】
日中の運動不足。ストレスが溜まっている、寂しいと感じている。
【解説と解決策】
夜鳴きの解決策としては「寝るときに飼い主のニオイのついた衣服を与える」です。
やはり、少しかわいそうに思えてしまいますが相手をしてはいけません。

遠吠えの解決策としては「遠吠えの最中に別の音を出して気を紛らす」です。

どちらとも日中に目一杯遊んで、夜はぐっすり寝てもらうことがなによりですね。

わさび
犬の祖先と言われる狼は満月の夜に遠吠えしているイメージがあるよね。
群れで生きていたころの仲間とのコミュニケーションの方法のひとつだったのかなぁ。
ウーモ
ボクは満月を見ると大猿に変身するよ!戦闘力は10倍!理性は保てないけど!
パダワン
おい、ウサギ!!!!!嘘が雑だぞ!!!

 

子犬のしつけ方法【その他の悩み編】

悩み①:食糞をしてしまう

【考えられる原因】
  • 嗜好性
    消化器官が成犬に比べ未発達なため、糞の中に未消化の状態の餌が残っていることがあります。それは子犬からすると「おいしそうなもの」なので食べてしまいます。
  • 空腹
    お腹が空いていると食べてしまう場合があります。
  • 気を引きたい
    糞を食べる=構ってくれると間違った認識をしてしまっている。
  • 退屈
    運動不足や長時間の留守番で体力が余っていて、退屈しのぎに遊んで口に入れてしまうということもあります。

【解説と解決策】
基本的なことですがエサの量は足りているか、エサは消化に良いものか見直してみましょう。
また、「排便→食べる」から「排便→飼い主のもとへ行く」といったように排便後の行動パターンを変えるのもおすすめです。

そして無言・無反応で片付けましょう。
飼い主の反応次第では逆効果になる場合もあります。

ウーモ
(じーーー)
わさび
(じーーー)
パダワン
うんちのことになるとオレを見るなよ!
オレはうんち食べないぞ!!!

悩み②:飛びついてくる

【考えられる原因】
遊びの延長で飛びついて、飼い主はその姿がかわいいあまりに撫でてしまった。そして「飼い主へ飛びつく=撫でてもらえる=飛びついても良い」と覚えてしまった。
【解説と解決策】
  • 喜び
    飼い主が好きで飛びついてしまう。
  • 興味
    飼い主の持っているものが気になる。
  • 要求
    散歩を急かす、遊んでほしい。
  • 序列確認
    自分と比べてどちらが強いか気になる。
  • 狩猟本能
    車や自転車といった乗り物や人間、小動物など動く物に本能を刺激される。

解決策としては「飛びつく素振りをみせたら“オスワリ”をさせて興奮状態を落ち着かせる」です。
1~2秒ではなく、興奮状態を落ち着かせるよう30秒~1分程度“オスワリ”をさせましょう。

パダワン
人間は服を着てるからな、汚すと怒られるんだ。
あとはな、オレなんかの力でもお年寄りは転んだりしてしまうから危険なんだよ

悩み③:なにかの原因で脱走、周りを見ずに突っ走る

【考えられる原因】
一度脱走したときに飼い主が名前を呼んだり追いかけたことがあり、飼い主は喜んでいると勘違いしている、楽しい“遊び”だと思っている。
または、好奇心から「外に出たい」と興味を持っていた。
解説と解決策】
解決策は「マテ」や「コイ」を教える。
もしも、脱走してしまっても名前を呼んだり大声を出したり、追いかけないようにしましょう。
犬は追いかけられると逃げる習性があるため、犬とは逆の方向に走って気を惹きつけるようにするのも良いでしょう。
パダワン
この前ジョンソンちの飼い主さんが「高速道路のサービスエリアで首輪が抜けて大変だった」って言ってたなぁ…。
ジョンソンは好奇心旺盛だから興奮して走り出しちゃったんだろう。いつどこで首輪が抜けたりするかわからないからしっかりとしつけしておいた方が良いぞ!
わさび
車がたくさん走っているところで…って考えるだけでゾッとするね。
しつけも大事だけど、首輪やハーネスが取れないようにきちんと確認することも重要だね。

悩み④:犬のしつけの必要性が分からない

“周りの人たちに迷惑をかけない犬”を育てて人間の社会で犬との暮らしを認めてもらうためというのが子犬にしつけが必要な理由です。

人間の社会にはルールやマナーがあり、同じように犬同士でも犬の習性によるルールやマナーのようなものがあります。

「しつけ」は“人間と動物の違う種族が、人間の社会で、人間が決めたルールに従って幸せに暮らしていくためのマナーを学ぶもの”であり、犬だけではなく、人間(飼い主)もしっかりと学ばないと様々なトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

過去にあったこんな事件
鳴き声がうるさい!隣家のビーグル犬を金属バットでめった打ち
パダワン
鳴き声がうるさいからと隣家の飼犬を金属バットで殴り、瀕死の重傷を負わせたという事件があったらしいぞ…。
みんながみんな犬に好意的とは限らないんだな。だからこそ飼い主がきちんとしつけてあげてほしいんだ。
犬界代表としてオレからも切実にお願いしたいな。

 

子犬のしつけ方法【開始時期や順番編】

しつけはいつから始めるの?

子犬のしつけ開始時期については、生後2~3ヶ月ごろから始めるのが良いかと思います。
下記のように子犬の成長に合わせて、必要なしつけを行いましょう。

しつけのいろいろ
  1. トイレなど日常的な行為を身に付けるための「生活習慣のしつけ」は子犬を迎え入れた初日から。
  2. 「社会化のしつけ」は生後3ヶ月までが最も刺激を受け入れやすい時期です。
    色々な刺激に無理のない範囲で触れさせていきます。
  3. 周りの環境に慣れて、ある程度の落ち着きが必要になるので、「おすわり」「ふせ」など、犬の動きをコントロールするための「行動制御のしつけ」は生後3ヶ月ごろからが目安になります。

生後2ヶ月の子犬のしつけについては、こちらの記事により詳しくまとめてあるので参考にしてくださいね。

生後2ヶ月の子犬のしつけの方法!知らないと最悪の場合は死に至ることも…!?

2019.03.26

 

しつけは何から始めるの?

トイレトレーニングを迎え入れた初日から始めましょう。
排泄は“食べる”“寝る”と同じくらい生きていく上で欠かせない習慣の一つのため、人間同様、間違って身についた習慣は中々抜けないものです。

また「色々な刺激に慣らすこと」も優先して行いましょう。
犬種、大きさによって個体差はあるものの、生後4ヶ月を過ぎたころから恐怖心が芽生えるといわれています。
まだ好奇心の塊である生後2~3ヶ月ごろに色々な経験をさせてあげましょう。

それ以外、生後2~3ヶ月ごろの子犬にしつけの順番は原則的にはないと思います。
下記のしつけの中で重要度の高いものを優先的に教えてあげると良いでしょう。

子犬のころに大切なしつけ
  1. アイコンタクト
    この先覚える必要のある「オスワリ」「マテ」などの初期段階となります。
  2. 名前を呼ぶ
    名前を呼んですぐに反応し、飼い主さんに集中できるようにしましょう。
  3. スキンシップ
    シャンプーやブラッシングなどのお手入れの際、診察の際に重要です。
  4. 人に触ってもらう
    ③同様、飼い主以外の人に触られることもあるので慣れる必要があります。
  5. トイレ
    所定の場所でできなくても叱ってはいけません。始めのころは排泄を促す合図も一緒に教えると良いでしょう。
  6. ハウス(クレート)
    災害時に避難をする際、避難所で一緒に過ごすためにもクレートに入り、飼い主が出してくれるまでじっと待てるようにすることはとても重要です。

子犬のしつけについては、こちらの記事により詳しくまとめてあるので参考にしてくださいね。

子犬のしつけの順番はとても大切!知っておきたい9つのステップ

2019.01.26

 

まとめ

  • トイレのしつけは成功体験を繰り返す、犬の習性やキレイ好きな性質を利用する、成功したら褒める。
  • 噛み癖のしつけは無視をする、本来なら子犬の兄弟や母親がするような行動をする。
  • 無駄吠えには「要求吠え」と「警戒吠え」がある。
  • その他の問題行動にも原因をしっかり突き止めてしつけをする。
  • しつけは2~3ヶ月ごろから始めるのが良い。順番は原則として無く、色々な刺激に慣らすようにする。

今回は忙しい方に向けて要点だけ簡潔にご説明させていただきました。
しつけは良好な関係を築くために必要であると同時に、いざという時に愛犬を守るためにも必要になります。
色々なことを吸収しやすい子犬の時期にたくさんの経験をさせてあげてくださいね。

また、同じように悩んでいる方もたくさんいらっしゃいます。
がんばり過ぎず、悩みは一人で抱え込まないでくださいね。
愛犬が望んでいるのは飼い主の笑顔です。

わさび
今回の記事はパダワンががんばったおかげでまあさがいなくても私たちだけでしっかりできたんじゃない?
ウーモ
やっぱりパダワンの犬ならではのコメントが良かったんだよ!
パダワン
や、やめろよ…、お前らが手伝ってくれたから上手にできたんだよ。
パダワン
へへへへ!
わさび
へへへへ!
ウーモ
へへへへ!
パダワン
ハイタッチしようぜ!
ヘーーーイ!
わさび
ウーモ
パダワン
ハイタッチしろよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。