生後2ヶ月の子犬のしつけの方法!知らないと最悪の場合は死に至ることも…!?

生後2ヶ月子犬へのしつけいつから始めたら良いんだろう。
生後2ヵ月の子犬へのしつけはなにをすれば良いんだろう。

まあさ
今回はそんな方のために、生後2ヶ月子犬しつけについてまとめてみました!
是非、最後までご覧ください!

 

生後2ヶ月の子犬が我が家にやってくる!しつけは焦らず急がずに

飼い主さん
実は来週、新しい家族として生後2ヶ月の子犬を迎え入れることになったんです!
今から楽しみですごくわくわくしてるんです!
ウーモ
やったー!新しい家族だ!パーティーしよパーティー!
パダワン
オレはたくさんかわいがってやるぞ!たくさんチューしてやる!
まあさ
新しい家族がやって来るときのはしゃぎたくなる気持ち、十分に理解できるわ。
だけど、今のみんなは子犬にとって少し危険な状態よ!

犬にとって“初めての場所”というのはストレスの原因になりやすく、ストレスによって体調を崩してしまうこともあります。

ただでさえ、今まで一緒に居た母犬や兄弟犬から人間の都合で引き離されて心もとない気持ちでいます。
人間にとっては待ちに待った日かもしれませんが、生後2ヶ月の子犬にとっては不安で不安で肉体的にも精神的にも大きなストレスを感じています。

生後2ヶ月の子犬は人間の幼稚園児くらいの年齢といわれています。
“自分だったら”と考えてみてください。
幼稚園児のころにいきなり家族と引き離され、知らない家族の家に連れてこられたら…と考えると誰だって怖いですよね。

迎え入れた初日は静かに見守り、新しい環境、匂い、家族に少しずつ慣れてもらいましょう。
子犬を家に迎えてから1~2週間は、できれば誰かが家にいて子犬のことを見守ってあげられる方が望ましいです。

ウーモ
どんな事情かわからないけど、お母さんたちと引き離されることを想像すると不安だな…。
わさび

どんな事情かわからないけど、パダワンにチューされることを想像すると不快だわ…。

 

生後2ヶ月の子犬との初日の過ごし方と抑えておきたい5つのポイント

①ハウスの場所を覚えてもらう

ケージやサークルなどを用意して「ここは安全だよ」「ここが君の居場所だよ」と知ってもらいましょう。
「ここが自分の縄張りだ」と思うようになれば、不安な気持ちも徐々に和らいでいくはずです。

新鮮な水をいつでも飲める状態にしてあげることも重要です。

②トイレトレーニングは初日から

ハウスと同様にトイレの場所も知ってもらいましょう。
子犬がトイレできちんと排泄できた場合は思いっきり褒めてあげてくださいね。

排泄は“食べる”“寝る”と同じくらい生きていく上で欠かせない習慣の一つです。
人間同様、間違って身についた習慣は中々抜けないもです。

「どこでしても良いんだ」と勘違いしてしまう前に迎え入れた日からトイレトレーニングを開始しましょう。

まあさ
“食後や寝起き、遊んだ後は良くおしっこをする”といったようなメモを残すことをおすすめします。
一日の排泄パターンがわかってきますよ。
うんちの処理は『無言・無反応・迅速に』
子犬のうちは空腹や退屈、飼い主の気を引きたいがために食糞(うんちを食べてしまうこと)をしてしまうことがあります。
初めての飼い主さんはとても驚いてしまうと思いますが、これに反応してしまうと「こうすれば構ってくれる」勘違いをしてしまうことがあります。

③眠っているときは起こしちゃダメ

子犬が我が家にやってきた初日は“うれしい”“楽しみ”といったワクワクした気持ちで一杯なのはよくわかります。
でもグッとこらえてください。まずは新しい環境に慣れてもらうことが最優先です。
抱っこしたり、体を撫でたりすることも控えてあげましょうね。

特に眠っているときは無理に起こさずゆっくりと寝かせてあげてください。

犬の睡眠時間
【成犬の睡眠時間】 12~15時間
【子犬の睡眠時間】 18~19時間
睡眠は、脳や中枢神経、そして筋肉や骨の成長のために必要なものです。免疫力の高い犬を育てるためには良い睡眠が必要とも言われます。

④食事は迎え入れる前に与えられていた物を同じ状態で

食事は同じ内容、同じ時間帯、同じ場所で与えるように心がけ、落ち着いて食べられる状態にしてあげてください。

子犬にとっては環境が変わっただけでも大きなストレスです。
与える環境や食事の種類をいっぺんに切り替えてしまうと、食事をとらないこともあります。

“ふやかして食べさせていた”など、どんな食事をしていたかを事前に確認して極力同じものを用意してあげましょう。

ドックフードのパッケージに目安の量が記載されていますが、子犬は一度にたくさんの量を食べることができません。
生後50日の離乳食期以降から生後6ヶ月くらいまでは1日3~4回に分けて食べさせてあげましょう。

まあさ
初日は緊張やストレスから食欲がないかもしれません。
環境に慣れるとちゃんと食べられるようになるから初日は心配しなくても大丈夫よ。
飼い主さん
みんなでパーティーしようと思ったけど止めた方がよさそうね。
与えてはいけない食べ物

  • 長ねぎ、玉ねぎなどのねぎ類
    血尿や下痢、嘔吐などを起こす可能性があります。
  • チョコレート
    中毒症になり、ショック状態や急性心不全になることがあります。カカオ含有量が高いほど危険です。
  • 香辛料
    感覚麻痺などを起こす可能性もあり危険です。
  • ぶどう
    皮が危険。中毒症や腎臓障害になります。干しぶどうも同様です。

⑤最初からハウスで寝かせる

犬の先祖は、薄暗く狭い洞穴などで体を休めていた動物だといわれています。そのため、ハウスを布で覆って暗くしてあげるのもおすすめアイデアの一つです。
「ハウスが一番落ち着くなぁ」と感じられるようにしましょう

もし夜鳴きをしてもハウスから出したり覗いたりはしないでください。
鳴けばかまってもらえると勘違いしてしまいます。

だけど、決して叱らないであげてください。
夜鳴きは3日くらい続くかもしれません。
うるさい!と思うかもしれませんがジッと我慢です。

 

生後2ヶ月の子犬との1週間目の過ごし方と4つのポイント

飼い主さん
初日を無事に終えて一晩ぐっすり寝てたら大丈夫よね!
2日目からたくさん遊ぶわよー!
まあさ
ちょっと待って!
初日以降も、食事とトイレトレーニング以外はしない方がいいかもしれません!

子犬を飼い始めるとき、最初の1週間は子犬にとって危険度が高く、健康状態に一番注意をしなければならない期間です。
大袈裟に感じるかもしれませんが、場合によっては命にかかわることもあります。

①遊ぶときは時間を決めて

生後2ヶ月の子犬はまだ自分の体力の限度を知りません。調子にのって遊び過ぎてしまうと、体力が尽きて死に至ってしまうこともあります。

子犬は「すいません、疲れたんでこの辺で失礼します」と自分から遊びを切り上げることはしません。
飼い主が止めない限り喜んで遊び続けます。

たとえ、子犬が元気そうに遊んでいたとしても注意が必要です。
遊び過ぎによる疲れから低血糖や脱水症状を起こしてしまう場合もあります。
特に小さいお子さんがいる家庭では、お子さんがワンちゃんに構いすぎていないか、大人の方が注意して見てあげてくださいね。

カメマルさん
遊ぶ時間の目安としては、食事の前に20分~30分程度じゃな。

②うんちは健康のバロメーター

健康な子犬のうんちはコロコロとした状態のものが通常といえるでしょう。
正常な回数の決まりがあるわけではありません。普段のうんちの回数と比較して異常がないか判断をします。

環境の変化によるストレスの影響で下痢をしたり、場合によっては血のついたうんちが出る場合もあります。
この場合は、新しい環境へ慣れるにつれて直に改善されるでしょう。

また、お腹の中に回虫が潜んでいる場合があります。その虫が環境の変化で動き出し、下痢の症状を見せる場合があります。
この場合は、獣医から駆虫薬をもらってご飯と一緒に食べさせることで改善されます。

もう一つ、食事の食べ過ぎが原因でうんちが緩くなることもあります。

まあさ
いずれの場合も、早期に対応すれば命を落とすようなことはありません。
うんちを見て健康状態のチェックも飼い主の仕事ですよ。
パダワン
オレはいつでも快食快便だ!
さっきも特大うんちをおみまいしてきたからチェックよろしくな!
わさび
パダワンのうんち、不快だわ…。

③家の中には危ない物が潜んでいる

好奇心旺盛な人間の赤ちゃんと同じように、子犬はなんでも口に入れたがります。
噛んでも安全なおもちゃを与え、口にすると危険なものや、誤飲の恐れのある小さいものは、子犬の目に触れない場所に置くなどしましょう。

特に注意が必要なのは電気のコードです。
最悪の場合として、子犬が感電死、漏電によって家が火事に…なんてことも起こり得ます。

④噛みついたからといって急いでしつけの必要はない

生後2ヶ月前後の時期は、乳歯が生え始める時期です。
この時期は歯が痒くなるので人間の手を甘噛みすることもあります。ただ、通常であれば痒みが無くなれば甘噛みも自然と収まるので神経質になる必要はないと思います。

まあさ
痒みが無くなる生後4~5ヶ月の時期になっても甘噛みが収まらない場合は、癖になる前にしつけを始める必要があります。
人間の手はおもちゃじゃないよ!
あまり痛くないからと人間の手を噛ませて遊ぶことはやめましょう。
カメマルさん
人間の手をおもちゃだと勘違いしてしまい、手を見る度に遊んでもらえると噛みつくようになってしまうんじゃ。

 

生後2ヶ月の子犬との1週間目以降の過ごし方。子犬にしておきたい3つのポイント

1週間が経過し子犬も新しい環境にも慣れてきたことでしょう。
さぁ、いよいよ子犬と接することができます。

しかし、ここで重要なのは、子犬にとっては「遊び」でも
飼い主にとっては「遊び」=「しつけ」「トレーニング」という意識を持って接することです。

この意識を持つことにより、子犬との主従関係の構築が始められます。

しつけのいろいろ
  1. 「生活習慣のしつけ」
    トイレやハウスに慣れさせるなど、日常的な行為を身に付けるためのしつけ。
    これらは毎日行うことなので、初日から始めます。
  2. 「社会化のしつけ」
    新しい家族や人間、他の犬、物、音などに慣れさせるしつけ。
    色々な刺激に無理のない範囲で触れさせていきます。
    生後3ヶ月までが最も刺激を受け入れやすい時期です。
  3. 「行動制御のしつけ」
    「おすわり」「ふせ」など、犬の動きをコントロールするための動作を教えるしつけ。
    これらは周りの環境に慣れて、ある程度の落ち着きが必要になるので、生後3ヶ月ごろからが目安になります。

今まで説明してきた初日~1週間目までの過ごし方は、上の「生活習慣のしつけ」についてのお話ですが、「しつけ」といえば「行動制御のしつけ」の「おすわり」や「ふせ」などを思い浮かべる方も少なくはないかと思います。

ただ、生後2ヵ月の子犬にとっては「行動制御のしつけ」はまだ少し早いかもしれません。

まあさ
まだこの時期は「しつけ」といっても子犬の体を撫でたり、優しく声をかけたり、抱っこをしたりするだけにしましょう。
ゆっくりと焦らず人間社会に慣れてもらうことが目標です。

①体中を触ってあげる

体を触ることも立派な「しつけ」です。
体のどこを触られても平気なように子犬に慣れてもらいましょう。

仰向けにしてお腹を撫でることにより、服従性を育てる基礎を作ることができます。
お腹以外にも、足先やお尻、しっぽなどを触ることにより、どこを触られても嫌がらない、抵抗しないように育てていきます。

最初は抵抗するかもしれませんが、ある程度強引に、でも優しく仰向けの状態を維持して体中を触っていきます。
あまりに抵抗するときは、仰向けにするのを止め、子犬を座らせた状態にして体中を触り、そこからすこしずつ仰向けにしていきます。

これは、爪切りや歯磨き、シャンプーなどの際に抵抗しないでできるための準備でもあります。

②抱っこに慣らす

皆さんは抱っこが重要な場面を想像できますか?
簡単にいうと「子犬の身に危険が迫った時」です。

車が子犬のすぐ近くを通る狭い道を歩くとき、人混みの中など周りへの配慮が必要なとき、他の犬とケンカをしそうなとき、興奮して誰かを傷つけようとしたときなど、抱っこが必要な場面というのは実はたくさんあります。

抱っこするなんて簡単!と思っている方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、中には急に抱き上げられてびっくりした、苦しかった、嫌なこと(爪切りなどのお手入れ)をされたなど様々な原因によって抱っこされることを苦手とする犬もいます。

子犬の目線の高さが約20cmだとします。
次に、身長170cmの人間の胸辺りの高さを約100cmとします。

子犬からすると自分の目線の高さから約5倍の高さにまでビュン!と持ち上げられるわけです。
身長170cmの人間にとって約5倍の高さというと約8m。マンションの3階くらいの高さです。

慣れていないともちろん怖いですよね。

パダワン
オレにとって抱っこが重要な場面は、かわいいレディを口説くときだな!
オレが優しく抱っこしてやればみんなイチコロだぜ!
わさび
パダワンの抱っこ、慣れていても怖いです…。
まあさ
体を触る、体を引き寄せる、脇に手を入れる、お尻に手を当てる、持ち上げる、それぞれの動作ごとにおやつを与えながら優しく声をかけていくことで“抱っこは嫌なことではない”と教えてあげましょうね。

災害時や緊急時に子犬の身を守るためにも、この時期からゆっくりしつけをしていきましょう。

③動物病院へ行こう

ペットショップで購入後、すぐに感染症や遺伝性疾患が見つかるケースもあるため、なるべく早く健康診断を受けましょう。

子犬の体にはまだ病気への免疫ができていません。犬用キャリーバッグ、クレートなどに入れて他の動物と接触しない状態で行くのがおすすです。

健康診断の他にも法律で定められている狂犬病の予防接種、任意ではありますが混合ワクチンの接種、フィラリア予防、ノミ・ダニ予防などを行ってください。

ワクチン接種のタイミング
  • 1回目 生後2ヶ月
  • 2回目 生後3ヶ月
  • 3回目 生後4ヶ月
  • 4回目 6ヶ月齢または1歳齢
防げる病気
  • コアワクチン
    犬ジステンパー、犬パルボウイルス感染症、犬伝染性肝炎
  • ノンコアワクチン
    ケンネルコフ(犬風邪)、ライム病、レプトスピラ

子犬は母犬の母乳から、母犬が持っている免疫力を譲り受けることで、感染症を防ぐことができます。

しかし、生後2ヶ月ぐらいでその効果がなくなるため、生後2ヶ月ぐらいで最初のワクチン接種を行います。

ワクチンを接種したとはいえ、まだまだ子犬自身の抵抗力は低いです。
子犬が外に慣れるためにも、2回目のワクチンを接種するまでの散歩は、飼い主に抱えられてする“抱っこ散歩”が良いでしょう。

地面や草むらを歩かせるのは、抵抗力の低いこの時期の子犬には危険です。

ウーモ
パダワンは注射が怖くていつも泣いてたよね☆
パダワン
!!!!!!
ウサギめ!!この野郎!!!
わさび
注射が怖くて泣いてるパダワン、不快です…。

 

まとめ

このポイントを知らないと最悪の場合は死に至ることも!

  • 生後2ヶ月の子犬が我が家にやってくる際、子犬は肉体的にも精神的にも大きなストレスを感じている。静かに見守り、新しい環境に少しずつ慣れてもらう。
  • 生後2ヶ月の子犬との初日の過ごし方は、ハウスやトイレなどに慣らすため、生活習慣のしつけを行う。トイレトレーニングだけは初日から
  • 生後2ヶ月の子犬との初日~1週間目の過ごし方は、健康管理について飼い主が気を付けなければ最悪の場合で死に至ることもある。
  • 生後2ヶ月の子犬との1週間目以降の過ごし方は、社会化に必要な経験をたくさんさせるため、社会化のしつけを行う。この頃は社会に順応する力を養う時期。
まあさ
今回は生後2ヶ月の子犬のしつけについてご紹介させていただきました。

元気いっぱいに走り回っている姿を見ると日に日に成長しているんだなと感じますが、犬の生後2ヶ月は人間でいう幼稚園児。
まだまだ体も弱いため、飼い主がちゃんと守ってあげないといけませんね。

この頃はまだ、子犬に対してできることは限られていますがどれも大事な「しつけ」です。
“がんばり過ぎず、焦らず急がず”でのんびりいきましょう。

もしかしたら、飼い主さんはあと数ヶ月もしたらまた違う悩みを抱えるかもしれません。
そんなとき、どうしても感情的に怒ってしまうこともあるかと思います。
そんなときは“子犬への怒り方・叱り方”についてまとめた記事があるのでこちらを参考にしてください。

子犬のしつけは怒り方が大切!そのしつけもしかしたら逆効果かも…?

2019.03.01

そして最後に。
こちらをご覧くださっている方の多くは、これから犬との生活を始める方、始めたばかりの方が多いかと思います。
そんなあなただからこそ是非見ていただきたい動画をご紹介して終わりたいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

パダワン
まあさ、オレはわさびに嫌われてるのか?
まあさ
そんなことないと思うよ!
ほら!気になってる子ほど冷たくしちゃうって言うじゃない☆
わさび
!!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。