猫をもらうにはどんな方法があるの?保護猫をもらう方法と注意事項

飼い主さん
猫と暮らしたい!

と思った時あなたはまず、どこから猫をお迎えしますか?ペットショップやブリーダーさんにお金を払って好みの品種をもらう。これがきっと一番手っ取り早く、一般的な方法でしょう。
しかし、猫をお迎えするには、もうひとつ方法があるのです。

それが保護猫をもらうという方法です。

まあさ
今回は数ある猫をもらう方法のなかでも保護猫のもらい方をお教えしますね!

 

そもそも保護猫ってなに?

保護猫とは、さまざまな理由で動物愛護団体や行政、保護団体のボランティアから保護され、お世話を受けながら、新しい飼い主を待つ猫たちのことを言います。

保護された猫の例

  • 繁殖引退猫、持病持ち、など売り物にならないまたは繁殖出来ないと判断した猫を、ブリーダーが手放し捨てられた、もしくは保護団体に持ち込まれた例。
  • 保健所に持ち込まれて、殺処分される前に保護団体に保護された例。
  • 野良猫や地域猫が外で暮らすにはハンデがあると判断されて保護された例。
  • 猫の知識のない飼い主による、去勢避妊をしなかったことによる飼育崩壊。
  • 離乳していない猫を見つけ保護した例。

などなど

飼い主さん
挙げだすとキリがありませんね。
まあさ
このなかでも最近増えてきているのが、ブリーダーによる飼育放棄と、つがいの猫を避妊去勢せず同じ空間で飼育したことによる、飼育崩壊です。
飼い主さん
近年の空前の猫ブームにより、知識も経験も浅いブリーダーさんが増えてきた事で、血統付きの猫ちゃんが捨てられていると聞きました。
まあさ
その通りです。
保健所に連れて行くと、身元確認があるため、ブリーダーだという事が分かってしまいます。
そしてそこから発生する様々な理由からブリーダーの仕事がやりづらくなるため、捨てる人が多いのです。
飼い主さん
猫も犬もうさぎも人と一緒でみんな命があるのに、そんな事をする人がいるなんて、悲しいですね…
まあさ
そうですね…。本来知識のあるブリーダーさんは、自分が育種している猫種を愛しているため、コストを気にせず子孫を残すことのできない子は、ペット(家族)として育てます。

本当に一部の方の行為で私たちペット業界関係者まで、同じ考えだと思われるのは悲しいですね。

 

保護猫をもらう方法と譲渡場所

まあさ
猫をもらう場所によって譲渡金額や譲渡方法、条件は様々です。
皆さん、ご自身に合った方法で、お迎えしていただきたいので、譲渡場所と合わせてご紹介をしますね♪

【保護猫をもらう場所】行政機関

国の運営している、保健所や動物愛護センターから譲ってもらう方法です。

地域によっては保健所のみのところもあるようですが、ほとんどが、保健所に持ち込まれた猫は動物愛護センターに送られて、一定の期間(およそ1週間)経つと殺処分もしくは、保護団体(NPO団体)が引き取る仕組みになっています。

まあさ
詳しくはお住まいの役場に問い合わせるか、各地域の動物愛護センターの公式サイトで調べてみてください
保護猫の譲渡に力を入れている地域では里親募集中の猫ちゃんの写真と詳細が掲載されているページもあります。

譲渡までの流れ

  1. 連絡
    まず、猫を譲ってほしい事を各行政機関の窓口や電話などで申し出ます。この時点でサイトを見て、気になっている個体がいれば伝えてもよいでしょう。それと同時に、譲渡などに必要なものや条件なども聞いておくことが重要です。
    まあさ
    主に身分証明書、印鑑、猫を運ぶためのキャリーケース、賃貸に住んでいる方は「ペット飼育許可証」等は必ず必要です。
  2. 譲渡講習会への参加、猫との面会
    ほとんどの動物愛護センターでは、調査票の記入と譲渡講習会に参加しないと猫をもらえません。それと同時に条件を満たしていないと、猫を連れて帰るのも不可能です。

    条件

    • 猫を飼育できる環境が用意できること
    • 飼育できる経済的、時間的余裕があること
    • 同居人がいる場合、猫を引き取る許可が下りていること
    • 猫の生態などをきちんと理解した上で、終生飼育できること

引き取り費用

地域によってはかからない場合もあるようですが、きちんと猫を保護する行政は避妊しているかしていないかで変わる場合があります。

まあさ
岐阜県を例にあげますと、

  • 避妊・去勢手術をしていない猫2,000円
  • 避妊・去勢手術している猫7,000円

上記の費用のほか、収入証紙が必要です。

地域によって証紙の手数料の金額は様々です。そちらの詳細も各動物愛護センターのHPに記載されています。

譲渡にかかる金額と証紙金額(岐阜県の場合)

譲渡金額2000円 譲渡金額7000円
証紙金額50円 証紙金額300円

行政から猫をもらう場合の注意事項

  • トライアルがない
    トライアルとは、実際お迎えしたい猫をお試し飼育する制度です。

    お試し飼育する事で猫個体の性格や、自分との相性が分かるのが利点なのですが、その制度がない事で、実際にお迎えしても、懐かなかったり、暴れたりなどで飼育が難しいと思っても受け入れるしかありません。

  • 病気の猫を引き取ってしまう
    あまり保護猫活動に力を入れていない行政は、保護したままの状態で猫を譲渡します。

    そのため、どんな病気や、寄生虫を持っているか分かりません。譲渡されたらすぐに病院で健康チェックを受ける必要があります。病院で見てもらった際に、障害を持っていた。なんて事もよくある話です。もちろん引き取ったら返す事は不可能なので、現実を受け止めて可愛がってあげる以外に方法はありません。

    その点を覚悟してお迎えする必要があります。

【保護猫をもらう場所】里親募集サイト

里親募集サイトと一口に言っても、飼い主さん個人や保護活動されている方など、募集主は様々で、それと同時に条件も募集者によって違います

ただどの点でも共通なのが、身分証明書の提示と譲渡契約書が必要になる事です。

譲渡契約書とは

猫を譲渡する側が里親になる側に、里子となる猫が不幸にならないために交わす条件などが書かれた契約書です。譲渡の際にこの契約書の交換がない場合、サイト側に虐待目的の引き取りだとみなされてしまいます。

動物虐待は動物愛護法に違反する行為です。刑罰は軽くて2年以下の懲役、200万の罰金となります。 

ウーモ
里親サイトは、ペットのおうちジモティーが有名だよ。
それぞれ里子になる猫ちゃんの情報が詳しく載っているし、ウサギもいるよ♪
わさび
本当さりげなくアピールしてくるわね。ウーモは。

譲渡方法や、トライアルの有無、譲渡金額、猫の健康状態なども記載されています。きちんと目を通したうえで応募しましょう。

【保護猫をもらう場所】動物保護団体

規模によって様々ですが、保護猫カフェや、譲渡会、シェルターで、気になった猫と出会いトライアルや審査を受けて猫をもらう方法です。

保護団体の譲渡は、譲渡金額が高い、審査が厳しい、お迎えまでに時間がかかるなど、一見デメリットが多いように感じますが、実は様々な理由があるのです

【保護団体】譲渡料金が高い理由

譲渡金額は、行政ですと1万円前後、個人飼育で里子募集されている方ですと、基本譲渡金をもらってはいけないシステムなので、ほぼ無料となります。

それに比べ、保護団体の譲渡金額の相場は1万から3万円です。その理由は、猫の健康管理を完璧に行い譲渡することと、譲渡できない猫の病院代、飼育費を援助として受け取るからです。

保護団体の猫たちは、全て検便、血液検査をうけ、ある程度成長した個体には必ず避妊・去勢手術を行い、常に健康面での配慮がされています。

さらに、老猫や健康面で新しい飼い主が見つかりにくい猫を終生お世話をしています。

飼い主さん
元気で若い猫を譲渡したときに発生した譲渡金で、ハンデのある猫たちに救いの手を差しのべているのですね

【保護団体】審査が厳しく、お迎えまでに時間がかかる理由

保護団体の譲渡の流れは

  1. 申し込み、条件などを聞く
  2. 審査、面接を受ける
  3. 合格した場合のみ、猫とのトライアル期間の許可が下りる。(さらに厳しいところですとお宅訪問で、猫の飼育環境のチェックが入ります。)
  4. トライアル期間終了後、猫との相性が良ければ、面談後引き取り。
カメマルさん
これで終わりだと思ったか?まだあるぞ♪

その後も虐待などを防止するため、定期的に譲渡先の飼い主に猫の健康や飼育状況の報告をメールなどで行うことを義務付けたり、家庭訪問もある団体もあります。

家庭訪問時に、譲渡契約書に違反している行為が1つでも見つかった場合や、報告・家庭訪問そのものを拒否をすれば、虐待を疑われ、猫の返却を余儀なくされるので、きちんと受ける必要があります。

パダワン
なんでそんなに厳しいんだよ
まあさ
それはですね、里子にする、猫一匹一匹への愛情の注ぎ方が他の譲渡とは違うからです♪

保護団体の猫たちは、虐待や事故などで人間不信になっているなど、たとえ健康でも一般家庭で飼育するのが困難な個体も少なくありません。

そんな猫たちを一般家庭でも飼育できるよう、健康状態も良好にし、愛情を注ぎ、最低限のしつけをして、社会性が身についた頃に新しい飼い主さんにトライアルし、成功後引き渡します。

そのため、猫をお迎えしたときに、里親となる飼い主さんと猫との間に起こるストレスも生じにくくなり、虐待のリスクも減らせるという利点があります。

飼い主さん
どれだけたくさんの猫ちゃんがいても1匹1匹忘れずに大事にしているのですね。

SNSで個人から猫を譲り受ける方法 

さいきんはめっきり減りましたが、Twitter上で猫など、生体の譲渡のやり取りは基本禁止です。

その理由は、

  • 身元確認、譲渡契約書のやり取りなく譲渡
  • 虐待目的
  • 猫の譲渡を偽った犯罪目的

などが挙げられます。

猫などの譲渡は知らない人間相手に、素人が行っていいほど簡単なものではありません

Twitterなどでも、保護団体の公式アカウントから、譲渡会開催日程や猫カフェの新入り保護猫のお知らせ情報が回ってきます。また個人の方でも「こんな情報があるよ」など、公式HPのリンク付きのツイートしてくださる方がいるので、そちらを利用しましょう。 

 

まとめ

  • 保護猫とは様々な理由から、飼い主はいないものの、人からお世話を受けている猫のことを指す。
  • 保護猫をもらう場所は、行政機関(保健所、動物愛護センター)、里親募集サイト(保護団体、個人募集主は様々)、保護団体(シェルター、猫カフェ、譲渡会)などがあり、それぞれの譲渡方法は異なる。
  • 猫をもらう場合、個人の飼い主から貰うこと以外は、基本譲渡金がかかる
  • SNS上での生体の譲渡は禁止
飼い主さん
猫をもらうのも大変なんですね。それだけ命はとても重いということを知ってほしいということなのでしょうね。

初めて猫と暮らす方が、譲渡で猫をもらうのは、非常にハードルが高いかもしれません。しかし、その大変さを分かったうえで引き取ることができるかどうかを、保護団体や行政は飼い主としてふさわしいかを見極めています。

まあさ
もし分からないことがあれば、その点は丁寧に教えてくれるので、きちんと聞いて楽しい猫ちゃんとの生活を始めてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。