プードルのセルフカットはどうやるの?おすすめトリミング用品も紹介

プードルセルフカットに挑戦してみませんか?

プードルはトリミングが必要な犬種なので、定期的にトリマーさんにお願いしている人も多いはずです。

しかし、可愛いワンちゃんのためとはいえ、毎月トリマーさんにお願いしていると出費も無視できませんよね。

少しでも自分でカットできるようになれば、トリミング代を節約することができます

さらに、完成形を口頭で伝える必要が無いので、自分がイメージした通りにカットしてあげることもできます。

ワンちゃんにとっても飼い主さんにトリミングしてもらった方が安心できますよね。

そこで、今回はプードルの毛質から、ブラッシングの方法、最後にセルフカットの方法を解説していきます!

まあさ
また、カットの手順を知っておけば、トリマーさんにカット依頼する際にイメージを伝えやすくなります。セルフカットに興味のない方も是非ご覧ください!

プードルはトリミングが必要?

そもそもなぜトリミングをしないといけないのでしょうか?

飼い主さん
トリミングした方が可愛いからじゃないですか?
まあさ
それもありますが、毛が伸びすぎると埃が絡まったり、汚れが付いたりして不衛生なのと、特にプードル毛玉ができやすい毛質なので、定期的にトリミングすることが推奨されているんです。

プードルの毛質について

個体差はありますが、プードルの毛質は「カーリータイプ」「コーテッドタイプ」の2種類に分けられます。
カーリータイプは巻き毛で、コーテッドタイプは緩やかなウェーブが特徴です。現在ほとんどのプードルの毛質はカーリータイプだと言われています。

子犬のうちは個体によって差はあまりなく、生後8か月を過ぎると徐々にどちらかのタイプの個性が出てきます。

プードルの毛のサイクル

プードルは抜け毛が少ない犬種です。とはいっても毛の生え変わりの時期には大量に毛が抜けます。
一つ目の生え変わりの時期は、成長期から成犬になるまでの間です。この生え変わりの時期に生えてきた毛は今までと毛質が違う可能性があります。例えば、もともと直毛だったのが巻き毛になるなどです。
二つ目の生え変わりの時期は春と秋です。これは夏の暑さや冬の寒さに備えるためといわれています。

ブラッシングについて

トイプードルへの日頃のブラッシングは大切です。ブラッシングをすると抜け毛を取り除き風通しがよくなり、毛玉もできにくくなるので、これらを原因とした皮膚病を予防することができます。また、ブラッシングを頻繁に行うことで、ダニやノミを見つけたり、ワンちゃんの異常を早期に発見することができます。
できれば毎日、最低でも3日に1回はブラッシングしてあげましょう。

ブラッシングの際は以下の点に注意してください

  • 毛先から丁寧に櫛を入れる
  • 毛の根元からしっかりと櫛が通るようにする
  • 絡まっていても無理に引っ張らない
  • とかし残しを作らない
  • 皮膚を傷つけないようにする

毛玉やもつれがあったら

プードルに毛玉やもつれがあったら、指を使ってすこしずつほぐしていきます。ある程度ほぐれたらスリッカーブラシを使い、皮膚を傷つけないようにといていきましょう。片手でもつれた毛の根元を持ち、力任せに引っ張らないようにときほぐしてください。

毛玉は以下の場所にできやすいので、チェックしてあげてください。

  • 耳裏
  • 脇の下
  • 内股

プードルのセルフカットの方法を解説

まあさ
では、セルフカットの方法を紹介していきます!
飼い主さん
よーし、頑張るわよ!

必要なもの

  • コーム
  • バリカン
  • はさみ
  • すきばさみ
  • ほうきとちりとりなど
  • 細かく切ったおやつ

 

①ブラッシング

プードルの毛をコームでしっかりととかして、余分な毛を落としていきす

②カット

ブラッシングが終わったらカットを始めていきます。ただし、カットの前にワンちゃんを椅子やテーブルなど高い場所においてください。こうすることでワンちゃんの動きに制限がかかるので、じっとしていてくれやすくなります

バリカンを使用する場合は、まず全体の毛をバリカンで剃っていきます。長さは大体3ミリ~2センチ程度です。3ミリまでカットするとかなり短くなるので、慣れていない方は1センチくらいをおすすめします。また、顔の部分は難易度が高く、目に当たると大変なので、バリカンはなるべく顔以外の部分に使うようにしましょう。

参考画像:3ミリカット
tamariのたまりば

次にはさみを使いカットしていきます。はさみの使い方は、切りたい部分にハサミの下刃を当てて親指だけ動かして切っていきます。ざっくりといかないよう毛先から少しずつ切っていきましょう。
ワンちゃんが動くようでしたら、少しずつおやつを与、落ち着かせながらカットしてください。

③仕上げ

カットが終わったらもう一度コームで毛をとかして、切った毛を落としてあげましょう

まあさ
カットについて分かりやすく解説してくれている動画を紹介させていただきますね

 

バリカンでカットする手順

まず、バリカンを使う上での注意点を確認しておいてください。

  • バリカンの刃は垂直に当てないこと
  • 剃りにくい場所があったら無理せずにハサミですこしずつカットする
  • 顔はバリカンでカットしない
  • 刈り高は3ミリ~2センチ程度。慣れていないうちは1センチくらいがおすすめ
まあさ
では、手順を説明していきます。

①ブラッシング

まずスリッカーブラシやコームでもつれをほぐして毛並みを整えておきます。

②背中のカット

飼い主さんは後ろから片手でワンちゃんを支え、バリカンを鉛筆を持つような持ち方で持ち、背中からお尻の方向へバリカンを動かして剃っていきます。(画像矢印の方向)

③胸元のカット

胸元の毛にバリカンを当て、上から下に動かしてカットしていきます。(画像矢印の方向)

④足の毛をカット

足の毛を上から下方向に向かってカットしていきます。(画像矢印)
お尻の周りも同じ要領で上から下に向かってカットしていきます。
足の内側などバリカンで刈りにくい場所は無理せずにハサミで少しずつカットしていきましょう。

⑤足裏の毛をカット

肉球からはみ出だ毛をカットします。(画像〇で囲った部分)
バリカンを垂直に立てないように気を付けてカットしましょう。

ワンちゃんの足を持ち上げるときは足を横に持ち上げないようにしましょう。
画像赤矢印の方向に足をあげてはいけません。
画像黒矢印の方向に足をあげましょう。

プードルのテディベアカットの手順

ここからはワンランク上のテディベアカットの手順について説明していきます。

胴体の部分は、バリカンやハサミなどで長さを整えておいてください。以下は顔のカットの手順についての説明になります。

①目頭、目の上、眉間の下の毛をカット

ハサミを使い、目頭と目の上と眉間やや下の部分の毛をカットしていきます。(画像白〇の部分)
目尻の部分は切りすぎるとバランスが崩れてしまうの少しだけ切ります。(画像赤〇の部分)

②耳の毛をカット

耳をめくって、耳の穴の前の毛を切っていきます。(画像白〇の部分)

③後頭部と背中のつなぎ目をカット

後頭部と背中のラインがなだらかになるようにカットしていきます(画像白〇の部分)

④頭を丸くカット

ここからはすきばさみを使います。
頭が球面になるように切っていきます。画像矢印の方向にハサミをチョキチョキと動かしながら、毛先を撫でるようなイメージで切っていきましょう。

⑤ほっぺと顎下の毛をカット

ほっぺ(画像白〇)と顎下(画像矢印)の毛を切っていきます。

⑥鼻の上、口周りを丸くカット

画像白〇の部分を球体にするようなイメージで整えていきます。

⑦完成

細かい部分を修正したら完成!

おすすめのトリミング用品

岡野ONS高級両目金櫛 中

荒い目と細かい目の2種類あり、荒い目は程よく毛を整えてくれ、細かい毛は抜け毛を上手くからめとってくれます。スリッカーやブラシと違い静電気が起きにくく、そのため静電気を原因とした毛玉を予防することができます。また、頑丈なので噛み癖のあるワンちゃんでも大丈夫です。

ONS スリッカーブラシ ソフトタイプ 小

小さな針金のピンが沢山詰まったメイドインジャパンの高品質なスリッカーブラシです。

岡野ONSスリッカーブラシ 武蔵 PRO ソフトS

スリッカーブラシにはソフトタイプとハードタイプがあり、プロのトリマーさんたちはほとんどがハードタイプを使用されます。こちらのスリッカーブラシはソフトタイプと書いてありますが、ピンは固めなので、使いこなすのは少し難しいかもしれません。この商品をはじめとした「武蔵」シリーズは多くのプロのトリマーさんたちに愛用されているそうです。

Blue fire ペット用 バリカン

こちらの画像の通り、刃の部分がかなり小さいのが特徴のバリカンです。

なのでカットされる範囲も小さく、失敗しにくく、修正しやすいというメリットがあります。細かい部分をちょっとだけカットしたいときなどにも役立ちます。振動音も56デシベルと一般的な規格より低く(一般的な規格は70デシベル)バリカンに慣れていない子にもおすすめです。防水仕様なので、お手入れも簡単です。

AUGYMER トリミングシザー

カット用のハサミ大中小、すきばさみ、コームと専用ケースがセットになった商品です。
安全性を高めるため、ハサミの先端が丸くなっています。

材質はステンレスで錆びにくいという特徴があります。
ハサミが4種類もあるとカットの際の選択肢が増えて嬉しいですね。

 

EVELTEK ペット用 トリミングセット

こちらはセルフカットに必要な道具一式(バリカン、コーム、ハサミ)がセットになった商品です。刈り高は3mm~12mmまで調節可能。重量も200gとリンゴ1個分くらいの重さで、音も静かというレビューがよくみられます。

まとめ

  • 定期的にトリミングすることで清潔さを保つことができる。また、プードルは毛玉ができやすい毛質なので、伸ばし過ぎるのはあまり良くない。
  • 最低でも3日に1回はブラッシングしてあげる
  • 毛玉ができやすい場所は耳裏、脇の下、内股
  • プードルのセルフカットについて紹介。大まかなカットの手順、バリカンでのカットの手順、テディベアカットの手順を解説
  • おすすめのトリミング用品を紹介
まあさ
ハサミやバリカンを使用する際は、無理せずゆっくりとカットしてあげてください。
慣れてきたらオリジナルのアレンジに挑戦してみるのもいいかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。