亀のケージはどう選べばいい?ケージの選び方とお洒落な自作ケージ集


を飼い始めたばかりの頃は、どう飼育すればいいのか迷ってしまいますよね。

とくにケージは必ず必要になってくるので、適切なケージの選び方置き場所管理の仕方を理解しておくことは、亀を健康に育てていく上で大切なことです。

そこで、今回は亀のケージについての情報をまとめました!
最後に自作のケージも紹介するので飼育上級者の方も是非読んでみてくださいね!

 



愛犬・愛猫に長生きして欲しいのなら、必ずこの記事を読んでください。

亀のケージの適切なサイズは?

1日の大半を過ごすことになるので自由に動き回れるような大きさのものにしてあげましょう。
ケージの広さは甲羅の10倍以上の面積にすれば良いといわれています。

ただし、亀は成長して大きくなるので、予めどれだけ大きくなるのか調べておきましょう。特に子亀の場合は1年で2倍以上も大きくなることがあるので、最初から成長しきった状態のサイズを想定してケージを選んでください。

 

参考・亀の甲羅サイズ一覧

水ガメ

ミシシッピニオイガメ 13センチ
カブトニオイガメ 16センチ
クサガメ 25センチ
ニホンイシガメ 20センチ
キボシイシガメ 15センチ

 

リクガメ

ヘルマンリクガメ 20センチ
ギリシャリクガメ 30センチ
ロシアリクガメ 27センチ
エロンガータリクガメ 36センチ
パンケーキリクガメ 20センチ

リクガメの場合は高さの低いケージでも大丈夫ですが、水ガメの場合は水を入れることになるのである程度深さのあるケージが必要になってきます。

また、水ガメも陸に上がるので、ケージ内に浮島を作ってあげましょう。

飼い主さん
色んな種類の亀がいるんですね。
まあさ
どのような扱い方をすれば良いのか種類別にしっかりと調べてから飼いましょう!
カメマルさん
ああ!老眼鏡を買ったつもりが間違えてレイバンのサングラスを買ってしまった!
まあさ
しっかりと調べてから買いましょう。

 

亀のケージを置く場所

次の場所にケージを置くのは避けましょう。

  • 人の出入りが激しい所
    亀が落ち着くことができません。
  • 不安定な場所
    ケージは必ず安定した場所に置いてください。特に水が入ったケージはとても重たくなるので置く場所がケージの重さに耐えられるかどうかも見てください。

 

次の場所にケージを置くのが理想的です。

  • 太陽光が当たる場所
    太陽光に当たるのは亀の健康にとても良いことです。ただし夏場は温度が上がり過ぎないよう気をつけてください。全く陽の光が当たらない場所にケージを置く場合は紫外線ライトを付けましょう。
  • 風通しの良い場所
    風通しが悪いとケージ内が蒸れてしまいます。
  • メンテナンスのし易い場所
    手入れのしやすい場所にケージを置いておけば作業が楽になります。
    例えば水ガメを飼う場合、水を取り替える必要がありますのでケージの近くに水を捨てる場所や蛇口などがあれば便利です。
    水を入れるとケージがかなり重たくなるのでケージを置く場所には気をつけてください。

 

飼い主さん
亀はどうして長生きできるのかしら。
まあさ
代謝が穏やかなので消費するエネルギーが少なくて長生きできるらしいですよ。年をとるほど元気になる亀もいるそうです。
飼い主さん
じゃあ、私もゆっくり動いてエネルギーの消費を抑えることにするわ。
パダワン
なんだか奇妙な動きだワン……。
カメマルさん
お、なんじゃ? 能を舞っとるのか?
飼い主さん
誰が能面顔ですって!?
カメマルさん
フォフォフォ。般若になりおったわ。
まあさ
少し黙りなさい。

 


亀のケージのお手入れ方法

ケージお手入れ方法【水ガメの場合】

水ガメはすぐに水を汚すので、3日に1回水を変えましょう。夏場は特に水が汚れやすいので毎日取り換える必要があります。
入れる水は水道水でかまいませんが、汲んだ後1〜2日ほど日光に当てるか、中和剤を入れて塩素を取り除いた後常温にして入れてください。
塩素や急な水温の変化は亀の体に負担をかけてしまうからです。

 

ケージお手入れ方法【リクガメの場合】

糞尿があれば取り除いて床材汚れが目立ってきたら交換してあげましょう。

ケージの掃除の仕方

  • ケージを擦って水洗いします。汚れがひどい場合は食器用洗剤などを使ってぬめりを落とし、しっかりとすすいでください。
    すすいだ後ケージを日光にさらして乾かすとバッチリです!
    ケージ内に砂利や小石を入れている場合は洗面器などの容器にいれてお米を研ぐようにかき混ぜて洗う方法がおすすめです。
  • 水ガメのケージは汚れやすいので、1週間に1度は掃除してあげてください。

 

飼い主さん
あー!カーペットの上にシミがー!
パダワン
面目ないワン。
飼い主さん
はあー……。これは落ちないわね。買い換えようかしら。
カメマルさん
あー!ケージの壁にヒビがー!
飼い主さん
あら、さっきまでなんともなかったのに。
カメマルさん
これは直らんじゃろ。
飼い主さん
買い換えないわよ。
カメマルさん
……チッ。

 

おススメの亀用ケージとお役立ちアイテム

ガラス製のケージ
アクリルプラスチック製のケージだと亀が引っ掻いたときに簡単に傷がついてしまい、そこから苔や雑菌が繁殖しやすくなります
ガラス製のケージは傷も付きにくく掃除もしやすいという利点があります。

ただし値段がアクリル・プラスチック製のものと比べると少し高価なのと、ガラス製なので重量があるという点は注意が必要です。

床材
リクガメを飼育する場合は床材を敷いてあげましょう。適度な湿度と綺麗な衛生状態を保ってくれる効果があります

床材の深さの目安3~5センチほどです。汚れが目立ってきたら取り換えてください

created by Rinker
ビバリア
¥1,010 (2019/11/16 07:52:04時点 Amazon調べ-詳細)
紫外線ライト
亀は成長に必要なビタミンD3を生成するために紫外線UVBを浴びる必要があります。日光が当たらない屋内で飼う場合は必ず付けてあげてください。
バスキングライト
こちらも日光の当たらない屋内で飼う場合は必須のアイテムです体を温めるのが目的のライトで、温度の目安約30℃水ガメのケージに設置する場合は陸地のみに照射しましょう。

熱と一緒に紫外線も出してくれるバスキングライトもあります。

隠れ家
亀が隠れられる場所を用意しておくと喜んでくれます。特に飼いはじめの頃は飼い主さんに慣れていないのでストレスを軽減するためにも隠れ家を作ってあげましょう。
水中ヒーター
亀は水温が20℃以下になるとご飯を食べなくなり弱ってしまいます。なので水ガメを飼う場合、水温に注意が必要です。
亀を冬眠させないのであればヒーターで水温を上げてあげましょう。

安全装置が付いたヒーターは万が一ヒーターが水中から出てしまっても温度の上昇を防いでくれるので安心です。

created by Rinker
ジェックス
¥2,002 (2019/11/16 07:52:05時点 Amazon調べ-詳細)
まあさ
大変!カメマルさんが動かないわ!
カメマルさん
そろそろお迎えが来たようじゃ……。
ワシはこの場所で最後を迎えたい。思い出に囲まれながらあの世に行きたいんじゃ。だから病院には連れて行かないでおくれ。そっとしておいてくれんかの……。
飼い主さん
じゃあ、行きましょうか。
まあさ
ちょっと!最後の願いくらい聞いてあげたらどうですか!
飼い主さん
大丈夫です。健康診断に行く前は毎回こうなるので。

 

本当に亀のお家!? お洒落な自作ケージ集

最後にお洒落な自作ケージを紹介していきますね!

 

 

DIYデビュー!リクガメの木製ケージを自作してみたよ/Ichco log

パダワン
皆器用だワン。
まあさ
すごいわね……。愛が伝わってくるわ。
カメマルさん
ワシももっと愛が欲しいぞ。
飼い主さん
愛は己の手で掴み取るものよ。
飼い主さん
魚と一緒に飼えるんですね。
わさび
綺麗だわー。
まあさ
ただし魚は水の汚れに弱いので、一緒に飼う場合はろ過器を導入してください。
created by Rinker
ジェックス
¥940 (2019/11/16 07:52:05時点 Amazon調べ-詳細)
まあさ
また、一緒に入れてはいけない魚もいるので、混泳させる際は事前にしっかりと調べておきましょう!
パダワン
上級者向けなんだワン。

 

まとめ

  • ケージの広さは甲羅の10倍以上の面積が必要。あらかじめ成長しきった時の甲羅のサイズを基準に考えると良い。
  • 水ガメの場合は水を入れるので、ある程度高さのあるケージを選ぶ。また、ケージ内に浮き島を作ってあげること。
  • 人の出入りが激しい場所や不安定な場所にケージを置かないこと
  • 太陽光が当たる場所、風通しの良い場所にケージを置くのが理想的。また、蛇口の近くなどケージのメンテナンスがしやすい場所に置くと便利。
  • ガラス製のケージは傷が付きにくいので雑菌が繁殖しにくく、掃除も楽。ただし重たいので置く場所は注意が必要。
まあさ
長ーいお付き合いになるので、愛を持って接してあげてくださいね。



愛犬に長生きして欲しいのなら、必ずこの記事を読んでください。

あなたの大切な家族であり、友である愛犬。その愛犬に長生きしてもらうために大切なコトをまとめました。




ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。