ハムスターのケージは特大の〇〇がベスト!?その納得の理由とは…?


ハムスターをお迎えすることが決まったらまずはケージを準備しなくてはいけません。

ケージはハムスターの日々の生活の大部分を過ごす場所なので、ハムスターの病気ケガ、日々のストレスの感じ方にも大きく関わってきます。
なので、なるべくハムスターの生活環境について考えられたケージを選んであげたいですよね。

でもケージは多種多様なものがあるので、どれを選べばいいのか分からない人も多いはず。

そんな方にオススメするハムスターケージ特大水槽タイプです。

その理由について詳しくお話していきますね!



愛犬・愛猫に長生きして欲しいのなら、必ずこの記事を読んでください。

ハムスターのケージ選びで大切なこと

 

まあさ
おすすめケージを紹介する前に、まずハムスターのケージを選ぶ際に大切なことから解説していきますね。

ハムスターのケージを選ぶ際は次の項目を確認してから選んでください。

そのケージはハムスターの性格に合っているか?

例えばケージには様々なタイプがありますが、その中で壁が金網になっているタイプのケージがあります。動くのが大好きな性格の子なら壁によじ登ってしまうことがあります。しかし、これは落下事故の原因になってしまうので危険です。

また、かじる癖がある子はもろいプラスチックでできた部分などをかじって壊してしまうかもしれません。これは破片を誤飲するかもしれないので危険です。

予期せぬ事故を防ぐために、自分のハムスターの性格に合ったケージを選んで事故を未然に防ぐことが大切です。

ハムスターが成長しても余裕のあるサイズなのか?

ケージの色や形を選ぶ前にまずケージの大きさを決めることが大切です。これは当然ですがハムスターの体は成長して大きくなっていくからです。キンクマハムスターゴールデンハムスターは特に体が大きくなるので、ケージを現時点のサイズ基準で選んでしてしまうと早い期間で買い替えることになってしまいます。
ハムスターの年齢を確認してまだまだ成長しそうなら、初めから大きなサイズのケージを選びましょう。

ハムスターの種類ごとのケージサイズは次の表の数字が大体の目安です。

ゴールデンハムスター 幅50cm 奥行き30cm 高さ30cm
ジャンガリアンハムスター 幅40cm 奥行き25cm 高さ20cm
キャンベルハムスター 幅35cm 奥行き25cm 高さ20cm
ロボロフスキーハムスター 幅35cm 奥行き25cm 高さ20cm

小さすぎるのは問題ですが、大きすぎても特に問題は無いので、スペースに余裕があるのならなるべく大きなケージを用意してあげると良いでしょう。

お掃除はしやすいのか?

複雑な形だったり組み立ての部品が多いケージは見た目は個性的でカワイイですが、お掃除が少々面倒だというデメリットがあります。
床材の交換や、ケージ内のウンチをふき取るときなんかは、シンプルなデザインの方が作業がしやすいですよね。

お掃除のしやすさはハムスターにとって直接関係のないことですが、飼い主さんの掃除に対するモチベーション拭き残しが出やすいかということと関係しています。

ハムスターのケージ内を衛生的に保てるかどうかは飼い主さんの心掛け次第ですが、これから長く付き合っていくのですから面倒な作業はなるべく少ない方がいいですよね。
なので、ハムスターのケージ選びの際は「お掃除がしやすいか」という基準も大切です。

ハムスターのケージのタイプについて

まあさ
次にハムスターのケージのタイプについて詳しく解説していきますね!
この章の最後にオススメのケージを紹介します!

ハムスター用のケージには大きく分けて「金網タイプ」「プラスチックタイプ」「水槽タイプ」があります。それぞれに長所、短所があるので特徴をしっかりと把握しておきましょう。

金網タイプ

ハムスターをはじめとした小動物用ケージでもっともポピュラーなのが金網タイプです。金属を使用したものが一般的ですが、プラスチック製のものもあります。

メリットとしては

  • 掃除がしやすい
  • 価格が安い
  • 風通しが良いので熱や湿気、臭いがこもりにくい

といったところでしょうか。

エサ入れや給水機などを固定するには網に引っ掛けるだけなので、小物を簡単に設置できるのも嬉しいですね。

しかし、次のようなデメリットもあります。

  • よじ登って落下したり網の隙間に足を挟んで骨折することがある
  • 防音性が低いので、騒音がある場所だとハムスターにとって大きなストレスになる
  • 通気性が良いので冷えやすい

このようにハムスターの健康に直接影響のあるデメリットがあります。

なので、ハムスターを飼い始めたばかりの初心者の方にはあまりおすすめできません。

もし金網ケージを検討されている場合は、「周りの環境がうるさすぎないか?」「冬は温度が下がりすぎないか?」「ハムスターが壁によじ登ったりしない性格か?」といったことを購入の前に確認することをおすすめします。

 

プラスチックタイプ

全体がプラスチックでできているタイプのケージです。デザインが凝った物が多く、二階建てや三階建てになっているものや、個性的でカラフルな見た目の商品が沢山あります。

メリットとしては

  • 非常に軽いので簡単に持ち運びできる
  • ケージ内が静かで温かい
  • デザインが豊富

といったところです。
ハムスターは特に冬場の温度管理が重要なので、保温性が高いケージはありがたいですね。

しかし、以下のようなデメリットもあります。

  • ハムスターの歯や爪でプラスチックの一部が壊れて破片を誤飲することがある
  • 熱や湿気、臭いがこもりやすい
  • 凝ったデザインのものは掃除が大変

見た目にこだわりすぎると後々管理が大変で後悔するかもしれません。

なので購入する前にはまず、「ケージの中身はどうなっているのか?」「掃除はしやすいか?」「壊れやすい部分はあるのか?」といった部分をチェックしておくといいかもしれませんね。

また、複雑でギミックを凝らしたケージは普段の家じゃなく、ケージの掃除中やハムスターを遊ばせたいとき一時的に置いておく、いわゆる「別荘」として使われる方もいるそうです。こういった使い方なら毎日のお手入れが大変という心配はなさそうですね!

水槽タイプ

水槽タイプにはガラス製プラスチック製があります。ガラス製は傷が付きにくくプラスチック製は持ち運びがしやすいという特徴があります。
全面が透明なのでハムスターの様子をじっくり観察したり、たくさん写真を撮りたいという方にもオススメです。

水槽タイプのメリットは次のとおりです。

  • ケージ内が静かで温かい
  • 凹凸が少ないのでお手入れが楽
  • 隙間に手足を挟んでケガをすることがほとんどない

しかし、次のようなデメリットもあります。

  • 熱や湿気、臭いがこもりやすい
  • 隠れたい性格のハムスターだとストレスが溜まる
  • 上部の蓋にしか出入口がないのでハムスターを取り出す際に怖がられることがある

実はハムスターを飼育するのに最も適していると言われるのがこの水槽タイプです。隙間に手足を挟むリスクも、よじ登って落下するリスクも、ケージ内の室温が急激に下がるリスクもありません。熱や湿気、臭いに関しては飼い主さんが気を付ければ対処できることですが、先に挙げた3つのリスクはいつ起こるのか予測ができません。さらに掃除も楽なので、ケージ内を常に清潔で安全に保つことができます

ケガのリスクや管理のしやすさから考えて、これからハムスターをお迎えする初心者の飼い主さんは特にこの水槽タイプのケージを選んでおくのが無難といえそうですね。

とはいえ水槽タイプのケージも種類が沢山あるので迷ってしまいますよね。

そこで、おすすめしたいのがこちらの特大の水槽ケージです。

 

飼育容器 スーパー特大 クリア(幅50×奥行き36×高さ30cm) プラケース 虫かご 昆虫 メダカ ザリガニ 両生類 お一人様1点限り 関東当日便

created by Rinker
¥2,727 (2019/11/17 02:27:52時点 楽天市場調べ-詳細)

手頃な価格でありながら、幅50cm 奥行き36cm 高さ30cm特大のサイズなので十分なケージ空間を確保できます。

プラスチック製で持ち運びも楽ですし、ケージ内に凹凸が無いのでかじられる心配もありません

21センチ回し車も入るのでゴールデンやキンクマなどの大型のハムスターの飼育も可能です。

ただ、ゴールデンやキンクマにとっては少々窮屈かもしれないので、大型のハムスターにはこちらのケージをおすすめします。

600ハムスターHIGH(グラステリア・パンチングボードセット) /水槽 ケージ ゲージ 飼育ケース キンクマハムスター ジャンガリアン

created by Rinker
¥8,990 (2019/11/17 02:27:52時点 楽天市場調べ-詳細)

こちらはガラス製なので少し重たいですが、その分作りがしっかりしていて頑丈です。

幅60cm 奥行30cm 高さ36cm超特大サイズなので大型のハムスターでも広々とスペースを使えます

また、無色透明のガラスケースは高級感がありつつどんなお部屋にも馴染むので、インテリアとして役に立ってくれるのも嬉しいですね。


まとめ

  • ハムスターのケージを選ぶ際にまず確認しておくことは「ハムスターの性格に合っているのか?」「ハムスターが成長しても余裕のあるサイズなのか?」「お掃除はしやすいのか?」の3点
  • ハムスターのケージは大きく分けて「金網タイプ」「プラスチックタイプ」「水槽タイプ」がある
  • 水槽タイプのケージはハムスターがケガをするリスクが低く掃除もしやすいので特に初心者の飼い主さんにおすすめ
  • おすすめの水槽タイプのケージを2つご紹介しました

 

まあさ
お家の見た目も大事ですけど、大切なのは生活のしやすさだということを忘れないでくださいね。



愛犬に長生きして欲しいのなら、必ずこの記事を読んでください。

あなたの大切な家族であり、友である愛犬。その愛犬に長生きしてもらうために大切なコトをまとめました。




ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。