犬にラムネをあげても大丈夫?意外な答えともしものときの対処方法

飼い主さん
昨日、が机の上に置いていたラムネを床に落として食べてしまいそうになりました……。
まあさ
わんちゃん、ラムネを食べなかったですか?
飼い主さん
食べる前に取り上げたので大丈夫でした。
まあさ
ラムネにはわんちゃんにとって危険なものが入っている場合があります。
今回はラムネの危険性についてお話します。

 

愛犬はラムネを食べても大丈夫?ラムネの原材料一覧

ラムネの材料は一般的には3つです。

  • ブドウ糖(砂糖などの糖分)
  • クエン酸(重曹などの酸味)
  • 片栗粉(コーンスターチなどで固形にする)

特にワンちゃんに危険な材料は使っていないので、少量ならあげても大丈夫です。
でも、病院に通っているワンちゃんには注意が必要です。
点滴の際投与される液体にブドウ糖が混ぜられていることもあります。そうなると、過剰摂取になりますので、治療中はラムネをあげるのはやめておきましょう。

パダワン
人間の食べ物は味が濃くておいしいからうらやましいワン。
ご飯の味が薄くて食べたくなくなることもあるワン。
まあさ
パダワン、ラムネ食べすぎじゃない?
これからずっとおやつを無しにして、散歩の時間を増やそうね。
パダワン
ひどいワン……。
カメマルさん
犬も糖尿病になるから生活習慣を見直さんといけないのぅ。

 

ラムネの落とし穴、愛犬に与えてはいけないラムネとは

人間が食べているもののなかに、ワンちゃんが食べれないものがあります。
チョコレートやネギはよく言われていますよね。
ラムネの場合、特に注意してほしいものはキシリトールです。

キシリトール
キシリトールとは天然の甘味料で糖アルコールの一種です。
冷涼感があり虫歯予防や低カロリーと、注目されている甘味料です。

ワンちゃんがキシリトールを少量でも食べてしまうと非常に危険です。
体重10キロあたり1グラムの接種で血糖値が低下し嘔吐歩行困難肝不全などを発症する危険があります。

パダワン
人間の食べ物って原材料をよく見てから食べないといけないんだな。
まあさ
私のおやつはパダワンに食べられないようにキシリトール入りのお菓子とチョコレートだけにしようっと。
パダワン
……!!

 

キシリトール入りのラムネを愛犬が食べてしまったときは!!

もし、ワンちゃんがキシリトール入りのおやつを食べてしまったときの対処法をお話します。
小さなラムネ一粒くらいなら大丈夫と思いますが、症状が急変することもあるので過信せずに動物病院に電話をしましょう。
ガムは一粒でもキシリトールがたくさん入っているのですぐに電話をしてください。

伝える内容はワンちゃんの状態と次の3つです。

  • 何を食べたか。(ワンちゃんにとって毒性のある食品をたべたか)
  • どのくらい食べたか。(犬の体重と食べた分量で判断できます)
  • いつ食べたか。(食べてからどれくらい経過しているかで症状がわかります)

できるだけ細かく、正確に伝えてどうすればいいのか聞きましょう。

まあさ
キシリトールの入っていないラムネでも大量に食べると下痢や嘔吐することがあります。
与えすぎないようにしましょう。

キシリトール以外にワンちゃんが食べてはいけない食品

  • チョコレート
  • ねぎ類、ニラ、にんにく
  • ナッツ類
  • ブドウ、レーズン
  • 人間用医薬品、サプリメント
  • アボカド
  • アルコール
  • カフェイン
  • 香辛料
まあさ
ワンちゃんの手の届かないところに置く癖をつけましょう。
パダワン
散歩中もいろんなものが落ちているから注意が必要だワン。

 

まとめ

  • ラムネの材料はブドウ糖、クエン酸、片栗粉なので無理に吐き出させなくても大丈夫です。
  • ラムネの甘味料にキシリトールが入っているものは与えないようにしましょう。
  • もし、食べてしまったときは獣医さんにいつ何をどれくらい食べたかを伝えましょう
まあさ
ワンちゃんにとって危険な食べ物を把握しておきましょう。
総合栄養食のドッグフードを食べていれば栄養はみたされているので、基本的にドッグフードだけがいいです。
食べたそうな目で見られるとあげたくなりますが、ワンちゃんのためにも人間の食べ物はあげないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。