ペットが持つ癒し効果の秘密!ペットを飼ってあなたの毎日に癒しを!

仕事が終わって、家のドアを開けたときに、ペットが駆けつけてくれたり、玄関で待っててくれたりすると、仕事の疲れもどこかに飛んでいってしまいますよね。
このペットの癒し効果の正体って一体何なんでしょうか?

仕事中嫌なことがあっても、ペットの事を思い出すと頑張れたり、ふと「あの子は今何をしてるんだろ?」って思うと仕事に身が入らなかったり……。
母性本能が刺激されたような感じになります。

どんな嫌な事、辛いことがあっても、動物と触れ合うと、気持ちが落ち着いてすごく癒される……。
あなたもそういった経験ありませんか?

 

心身の万能薬「オキシトシン」

飼い主さん
どうしてペットと一緒にいると安心するんだろう?

これは、オキシトシンという幸せホルモンが分泌されているからなんです。
オキシトシンには、気持ちを落ち着かせて不安を取り除く働きがあり、ストレスが緩和させたり鬱病が治ったり、病気になりにくくなるなど、たくさんの恩恵を与えてくれます。

ペット以外にも、恋人や友達、家族などとの間に信頼関係が生まれるとオキシトシンが分泌されます。

私の家の近くの心療内科に、大きなワンちゃんがいます。
吠えないし噛まないし、人が近寄ると、おなかを見せて喜んでくれるという立派なワンちゃんです。
老人ホームにもワンちゃんなどがいますよね!

こういった医療に携わっている施設でも、治療の一環としてペットが飼われています
これを、「アニマルセラピー」といいます。

このアニマルセラピーはなんと、古代ローマ時代から行われていて、当時は、負傷した兵士のリハビリとして、馬によるアニマルセラピーが行われていたみたいです。

 

ペットを飼って毎日に癒しを

オキシトシンは、動物の画像や動画、街中で散歩しているペットを見るだけでも分泌されることがあります。
でも、やっぱり一番は実際にペットを飼うことです。

でも、うちのマンションはペット禁止になってて……

ご安心ください。そんなあなたのために抜け道をご用意しました。

 

ペット禁止のマンション・アパートの抜け道

ほとんどの賃貸マンションでは、ペット禁止契約書に書かれていますよね……。

ペット禁止の理由のほとんどが、こういった理由です。

  • 壁をガリガリされたり、おしっこで臭いや汚れの修繕するのが大変
  • 吠えたり鳴かれたりすると周りの住民に迷惑がかかる

この理由であれば、鳴き声が比較的静かな小鳥や、そもそも鳴かない観賞魚なんかは、飼ってもよさそうですよね。
実はその通りで、「ペット禁止」と契約書に書かれていても一部のペットは飼うことが国によって認められているんです。

所有者及び占有者は、専有部分、共用部分の如何を問わず、犬・猫等の動物を飼育してはならない。ただし、専ら専有部分内で、かつ、かご・水槽等内のみで飼育する小鳥・観賞用魚類(金魚・熱帯魚等)等を、使用細則に定める飼育方法により飼育する場合、及び身体障害者補助犬法に規定する身体障害者補助犬(盲導犬、介助犬及び聴導犬)を使用する場合は、この限りではない。

wikibooks

こちらは、国土交通省が定める標準管理規約の一部を抜粋した文章です。
読んでいただければわかる通り、小鳥や観賞魚などの、かごや水槽の中で飼うようなペットは、「ペット禁止」という文字だけでは禁止できません。
※もちろん、「(小鳥・観賞魚も含む)」などと書かれていた場合は別です。

ペットを飼いたくても飼えないでいるあなたは、今すぐ住んでいるマンションやアパートの契約書を読み直してみてください!
ペット禁止とだけ書かれていたら、小鳥や小動物、観賞魚であれば飼っても問題ありません

マンションやアパートで飼うのにおすすめのペットは、こちらの記事でご紹介しています。

アパートでも飼えるペットのおすすめ4選と気になる臭い・騒音対策

2018.12.29

 

ペットを飼う前に知っててほしい4つのデメリット

ペットは人間と同じ生き物で、大切な命です。
飼ってから後悔するのでは、私達にとっても、ペットにとっても良い結末になりません。
ペットを飼うことのデメリットを知り、本当に自分にペットが飼えるかどうか確認してみてください。

 

お金がかかる

ペットを飼う前にケージやトイレなど、揃えなければいけないものが色々あります。
飼ってからも、餌代予防接種費去勢手術費ペット保険代トリミング代病気などになった時の治療費など、たくさんの出費が待っています。

飼いたい動物ごとにかかる費用をしっかりとリサーチして、本当に自分に支払っていける金額かどうかを必ず確認しましょう。

 

ペットとの時間の確保

一人暮らしで、さらに家を留守にする時間が長いという方には、ペットを飼うことはおすすめできません。
毎日、長い時間部屋で孤独に暮らすペットは幸せでしょうか。

犬であれば、毎日の散歩も必要です。

ペットを飼うと、お金と同じくらい、時間もたくさん必要になります。
ペットとふれあう時間を確保できるかどうかも、しっかりと確認しておきましょう。

 

部屋の汚れやにおい

ペットを飼っていると色々なニオイが付きます。
独特の獣臭や、フンやおしっこのニオイ、フードのニオイなど、人間にとっては不快なニオイも少なくありません。
放置していると、余計にニオイは強くなるので、小まめなトイレ掃除やシャンプー、餌の交換が必要です。

ニオイが部屋や衣服についてしまう可能性があること、小まめなお世話が必要になることは覚悟しておいてくださいね。

ただ、最近ではトイレのニオイがほとんど気にならなくなる、システムトイレなる商品もあります。
小まめな掃除が苦手な方でも、そういった便利グッズを利用することで、楽にお世話が出来るので、是非、購入を検討してみてください。

 

鳴き声によるご近所トラブル

動物の大きな鳴き声は、ペットを飼ってない方にとっては苦痛になってしまいます。
ですから、近所迷惑にならないように、しっかりとしたしつけが必要です。
しつけも、相手は生き物ですから、一筋縄ではいきません。
どんなに出来なくても、手をあげたり怒鳴ったりせず、根気よく丁寧に教えてあげてください。

 

ペットロスが怖くてペットを飼えないという方へ

ペットを飼っていると、いつかは必ずやってくるペットとのお別れ
悲しいことに、ペットに愛情を注げば注ぐほど、失ったときの喪失感は大きくなってしまいます。

この喪失感や、ペットを亡くしたという飼い主の体験のことをペットロスといいます。

このペットロスは、酷い場合だとストレスが原因心の病や身体的な病気を患ってしまうことも……。
ちなみに、そういったペットロスが原因であらわれる症状をペットロス症候群といいます。

ペットロス症候群の具体的な症状は、主に次の7つです。

  • うつ病(喪失感など)
  • 不眠
  • 情緒不安定(自分や獣医さんを責めるなど)
  • 摂食障害
  • 胃潰瘍などの消化器疾患
  • ペットの声や姿が現れたきがする錯覚、幻聴、
  • 帰ってくるのではないかという妄想などの精神病

家族の一員として愛情を注ぎ続けてきたので、すごく辛いのは当然ですよね。

まあさ
私も、実家で飼っていたワンちゃんを亡くしたときは、すごくショックで、何も手につかない日々が続きました

ペットとして飼われている動物の多くは、人間より寿命が短いです。
つまり、あなたがペットを飼うと決めたそのときから、このペットロスは回避できないものになります。
常に意識している必要はありませんが、ペットを飼ったことのない方は、辛い思いをする日がくるということを念頭に置いておいてください。

さて、そんなペットロスをどうやって克服するかですが、ひとつは、ゆっくり休むことです。
ゆっくりでいいので事実を受け止めて、悲しいときは思いっきり泣きましょう
そして、お墓を作ってきちんとお別れしましょう

お墓を作ることも、お葬式をあげることも、自分の中でひとつの区切りをつけるのに有効です。
あとは、仲のいい飼い主さんや、ペットロスを体験された方とお話ししてみましょう。
とにかく、独りで抱え込まないようにしてください。

そして、ある程度気持ちの整理がついたら、是非、新しい家族を迎え入れてみてください
よく「亡くしたペットの代わりにしているみたいで罪悪感がある」というお客様が、私が働いているペットショップにもお見えになります。
でも、私は罪悪感なんて感じる必要は一切ないと思います。

たしかに、新しい子に、亡くした子の面影を見てしまうこともあるでしょう。
亡くした子と比較してしまうこともあるかもしれません。
ただ、それはあなたが、そこまで亡くした子のことを思えるいい飼い主さんであることの証明でもあります。

そんな飼い主さんが、新しい子をないがしろにして、愛情を注がないなんて考えられません。

亡くした子への罪悪感も感じる必要はありません。
新しい子を迎え入れたからといって、亡くした子のことを忘れるわけではないからです。

ペットロスはたしかにとても辛いですし、お別れする日が必ず訪れることを考えて、ペットを飼うことを躊躇してしまうという方もいるかもしれません。
でも、ペットが私達にくれる癒しも、思い出も、ペットロスで体験する辛さを差し引いても価値がある、本当に素晴らしいものです。
ですから、ペットロスを恐れずに、是非、新しい家族を迎え入れてみてください。
そして目一杯可愛がってあげましょう!

まとめ

  • ペットと触れ合うとオキシトシンが分泌され、ストレスが緩和リラックス効果が得られます
  • ペットを飼われる前に金銭面ペットと過ごせる時間を取れるか考えてみてください
  • におい対策しつけをしてペットの良さを充分に引き出してあげてください
  • ペットロスを恐れずに新しい家族を迎え入れましょう!

ペットって癒される可愛い、辛いときに励ましてくれる、すごい力がありますよね。
いい子ばかりなので、精いっぱい可愛がってあげましょう。

飼おうか迷っている方は、一度ペットショップに足を運んでみてください
きっと、フィーリングの合う子が見つかるはずですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。