犬の保険を安いものに切り替えたい!失敗しないタイミングと選び方


飼い主さん
うちの保険、安くしたいんだけど良い保険ないかしら?あっ!月2,000円以下でもある!これが良いかしら?
まあさ
ちょっと待ってください!この保険、確かに安いですが、通院ではお金が出ないみたいですよ?
飼い主さん
え!?
まあさ

安い保険は月々の負担が軽くとても人気です。しかし、一部の保険は、通院だけの場合はお金が出ず、100%自己負担となってしまいます。それでも良ければ……

飼い主さん
いや、それはちょっと……
パダワン
通院は無くていいからとにかく安い保険がいい!という場合はこちらをクリック!

犬の保険の見直しを考えて、月々の支払い額を抑えられないか?安いものはないかと探しているあなた!
ただ安いというだけで契約すると、満足できない結果になってしまうかもしれません。

まあさ
切り替えた後に、保険金の支払い対象外だと知って後悔したくない
思わぬ高額出費で泣きたくない
そんなあなたに犬の保険の選び方をご紹介します。

 



愛犬・愛猫に長生きして欲しいのなら、必ずこの記事を読んでください。

そもそもなぜペット保険に入るのか?

どうしてペット保険に入るのか?というと、

  • 長生きすると病気やけがをしやすくなる
  • 病気やけがで大きな出費になるのを抑えるため

ですよね。

まあさ
病院にかかると通院(薬)費・入院費・手術費がかかります。
内容によっては20万円ほどすることも!
一度にこんな大金をポンと出せる人はなかなかいませんよね。
保険に加入することでこの費用の一部を保険でまかなうことになります。

 

犬の保険、何を比較すればいいの?判断基準を紹介!

パダワン
保険ってなんだか難しそうだからオレは入れなくていいワン…
まあさ
初めから諦めないで!
あまり難しい言葉は使わずに、分かりやすいように細かく説明していくから!

保険の内容は、会社によりさまざまですが、保険を検討するにはいくつか基準があります。大きく分けると3種類に分かれます。

  • 補償内容……メインの補償・補償割合・オプション(特約)
  • いつからどこまで補償されるのか……待機期間・免責
  • 月々の支払額と清算の仕方……保険料・割引、保険金の請求

毎月払うものなので費用は押さえたいですが、肝心なところで支払い対象外だと毎月の金額を捨てているのと同じことになってしまいます。犬種によっては、かかりやすい病気やけががあるので、どんな補償に重点を置くかをよく考えたうえで検討しましょう。

それでは3種類についてもっと細かく見てみましょう。

 


保険の柱となる補償内容はどうする?重点を置くのはどんな時の補償?

メインの補償

  • 通院……病気やけがなどで治療を受けた際の費用を補償します。
  • 入院……入院をともなう治療を受けた際の費用を補償します。
  • 手術……日帰り手術も対応するケースが多いです。

契約によっては補償の対象外となることがあります。

 

補償割合

50%、70%、90%などと保険会社により様々なプランがあります。
補償割合が高くなれば、病院での自己負担額が少なくなりますが、月々の費用が上がります。

 

オプション

ガンなど高度な医療技術が必要な内容の時に手厚くするもの、ペットが人や商品を傷つけてしまった時の補償などがあります。

ペットが危害を加えてしまった時の補償については、自分や家族が既に加入している保険で対応可能なケースもあるので、家族の保険の加入状況を確認しましょう。

ウーモ
ペットだけじゃなくて人間の保険も考えて総合的に判断するんだね。

 

いつからどこまで補償されるのか?失敗しないタイミングは?

パダワン
新しいのを申し込んだから、もう安心だね!
古い方は解約しちゃおう
まあさ
その考え、危険かもしれませんよ!

 

今の契約をまだ解約しないで!待機期間に注意

保険の見直しで多いのが、更新の時です。また、年齢的に値上がりする前に検討される方も。

ただし、新しく保険に加入する場合には、待機期間といって申し込んでから一定期間支払い対象外になるケースが少なくありません。
待機期間に病気やけがになると1円も補償されません。申し込んだから安心と思わず、今の契約をすぐに解約しないようにしましょう。

 

安いだけに飛びつかないで!免責に注意

保険会社やプランによっては、免責というものがあります。免責とは、基準に該当しない場合は保険金が支払われないということです。

具体的な例ですと、病院にかかった金額のうち、〇万円以下は補償の対象外(全額自己負担)ということがあります。また、先天性の病気や、「今までに病気やけがをしたことがある」という理由で、指定の病気については保険適用されない(条件付き加入)ということがあります。

また、多くの保険で年間補償限度額が設けてあります。「1年間で最大〇万円までの保険金の支払い」という意味です。
ちょっとした通院の積み重ねや大きな手術などで総額が高額になることも少なくありません。
限度額が小さすぎると保険のメリットを感じにくくなってしまいます。無理のない範囲で設定しましょう。

うちの犬は加入できるか?については、保険会社が判断するので、申し込んでみないとわかりません。
もちろん、提示された条件で納得いかない場合は、申し込みを取り下げることもできます。

 

月々の支払い、病院での支払いを安く抑えられるかも!

保険料の割引をして月々の金額を抑える

主な割引は5種類です。保険会社によって採用している割引が異なります。

  • インターネットからの申し込みで割引
  • 多頭契約の割引
  • クレジットカード決済の割引
  • マイクロチップ割引
  • 無事故割引(前年の保険金の支払いが0の時の割引)

 

保険金の受け取り方法は2種類。実際に病院で支払う時に変わる

保険金の受け取り方は、保険の種類や契約によって変わります。
いったん全額窓口で支払ったあと、保険会社に請求する「立替請求」と、保険証を提示することで、自己負担額だけでいい「窓口請求」があります。

カメマルさん
人間の場合は、健康保険に加入して保険証を提示することで、窓口で払う金額が3割負担になるじゃろ。
まあさ
保険がなかったら、人間も病院で高額な支払いになるんだよね。
保険ってありがたい!

すべての動物病院で、どんな時でも「窓口請求」の対応ができるわけではありませんが、保険金の請求のために、毎回領収書や申請の書類を作成する手間がないのは便利です。

パダワン
書類とかやだなぁ~
飼い主さん
あなたは書かないでしょ(笑)
パダワン
だって遊んでもらえないんだもん!

 

「保険料は今安い」は落とし穴!トータルで考えて!

「あなたのペットはA社なら〇円、B社なら〇円です」と言うことはここでは簡単には言えません。
なぜなら、保険会社によって金額を決める際の基準が細かくあり、それぞれ異なるからです。
小型犬・中型犬・大型犬という大きさによる分け方や、血統種かどうか、年齢でも細かく設定されています。

また、よく見る広告では若い年齢を前提に書いてあるため安いように思われますが、年齢とともに保険料が上がっていきます。
一方で、ある年齢以上は月々の金額が一定という会社もあります。

また、新規の申し込みの年齢制限が8歳に設定してあるところもありますので、検討するのは早い方がいいですね。

ペット保険はお別れの時まで保険料を払い続けることを考えると、若い今ではなく平均寿命を参考に、高齢になってからも払えるかを考えましょう。

カメマルさん
長生きは病気やけがのリスクが上がるから保険料があがるんじゃ。病気になると定期的に通院して薬を服用したりせにゃならん。飼い主もペットも大変じゃな。

 

人気の保険14選!通院なしタイプも紹介

人気の保険14選

 

人気の保険の中で、通院は支払い対象外となっている保険

 

パダワン
保険ってたくさんあるんだなぁ。

ごくまれですが、保険会社の社名が変わることがあります。また、新商品が出たり、新規受付が終了することも。調べるときには最新情報に注意しましょう。

まあさ
各保険会社の保険料や、オプションをまとめて無料で比較できるサービスもありますので、そちらで自分に合う保険を探してみてください♪

 

まとめ

  • ペット保険は、月々の金額だけでなくトータルで考えて加入しよう。
  • 保険を検討する基準は、大きく3つ。補償内容・補償開始時と免責・月々の支払額と清算の仕方。
  • 人気の保険は14種。犬種や年齢によって良い保険は異なるのでじっくり検討しよう。
まあさ
ちなみに私のおすすめは、免責金額が0円で、年間最大補償額が高額になってるプランです。
ご家庭に合ったプランが見つかると良いですね。



愛犬に長生きして欲しいのなら、必ずこの記事を読んでください。

あなたの大切な家族であり、友である愛犬。その愛犬に長生きしてもらうために大切なコトをまとめました。




ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。