チワワの息が荒い!咳をする!知らなきゃヤバい命にも関わる病気とは…


運動後や暑いわけではないのにチワワ息が荒い
この「息が荒い」という症状には、病気の可能性が潜んでいることをご存知でしょうか。

息が荒い以外にも、ガーガーやゼーゼーといった雑音の混じった息、咳をするという症状を「ちょっと太っているから息が荒い」「喉に何か引っかかって咽ているだけ」といったように簡単に捉えていると取り返しのつかないことになってしまう場合もあります。

まあさ
今回は、チワワの息が荒いことの裏に潜んでいる病気についてまとめました。
愛犬が苦しそうな顔をしているときに落ち着いて正しく対応できるよう、しっかりと学びましょう。



愛犬・愛猫に長生きして欲しいのなら、必ずこの記事を読んでください。

チワワの正常な呼吸数

1分間に10~35回が犬の正常な呼吸数とされています。

大型犬はより少なく、チワワのような小型犬はより多い傾向にあります。
また、夏場は体温調整のため呼吸の回数が多くなることがあります。

呼吸数は必ず安静時に測ります。
スーハーという呼吸音を1セットとして数えます。音が聞こえにくい時は、胸が膨らむ回数で数えても構いません。

運動後でも、気温が高いわけでもないのに呼吸数が1分間に40回程度を超え、ハアハアと息をしているようであれば何らかの病気が隠れている可能性があります。
その際、呼吸の仕方や異音が混じっていないかも確認しましょう。

 

チワワの息が荒い原因

息が荒くなる原因として次のようなことが挙げられます。

  • 生理的現象
  • 事故などによる外傷
  • 病気

運動後や気温の高い時期に息が荒くなるのは生理的現象です。
犬は人間のように、皮膚から発汗して体温調整ができない動物のため、呼吸によって体温調整をする必要があります。
従って、体温が高いと荒い息で体温を調整します。

次に、事故などによる外傷によって息が荒くなる場合もあります。
事故などの強い衝撃で横隔膜に損傷がある場合は、息が乱れることも十分考えられます。また、肺が破れて胸に液体や気体がたまっている可能性もあります。

荒い息が落ち着かない場合は、早めに病院へ行きましょう。

短頭種のチワワ

「マズル(口吻)」の長さが「スカル(頭蓋骨)」の長さよりも短い犬種を「短頭種」といい、チワワもこの短頭種に含まれます。

短頭種は鼻が短く口腔の面積が狭いため、体温を下げることが苦手、気管も狭くなっており、呼吸器のトラブルが他の犬種に比べて多いという特徴があります。

 


チワワの息が荒いときに考えられる病気

息が荒いときに考えられる病気は、次のような病気が挙げられます。

息が荒いときに考えられる病気
  • 気管虚脱
  • 僧帽弁閉鎖不全症
  • 肺水腫
  • 軟口蓋過長症
  • 肺炎
  • フィラリア症
  • 熱中症

 

チワワの気管虚脱

本来は筒状をしている気管が潰れて呼吸ができなくなる病気気管虚脱(きかんきょだつ)といいます。
呼気と吸気がうまくいかず呼吸困難をきたす病気で、チワワがなりやすい代表的な病気のひとつでもあります。

【主な症状】
咳をする/息が荒い/チアノーゼ(舌が紫色になる)
【特徴】
進行すると「ガーガー」といったような明らかにおかしい息。
興奮時に悪化しやすく、安静時は落ち着く傾向がある。
夏場に多く発症し、いったん症状が治まっても再発しやすい。
【命の危険度】
『低い』
【原因】
遺伝的に軟骨が弱い/肥満や老齢による気管周辺の筋力弱化/よく吠える、首輪などで引っ張ることによる頸部への負荷

上記のような誘発要因はある程度わかっていますが、根本的な原因はわかっていません。

【予防】
首輪をハーネスに替える/肥満を予防する/激しい運動を控える/暑い時間帯の外出を控える
パダワン
肥満を予防するだけで気管虚脱は予防できるんだ。
人間のごはんは味が濃くておいしいからオレたちはついつい欲しがっちゃうけど、絶対にあげないでくれよな!

ちなみに潰れた気管は手術で治すこともできるらしくて、治療費は(最低でも)10万~70万はするらしいぞ!

気管虚脱の様子
まあさ

気管虚脱と似た咳の症状が出る「逆くしゃみ症候群」というのがあります。

この逆くしゃみ症候群は、病気として考えられていないため治療の必要はありません。
しかし、逆くしゃみ症候群だと思って様子を見ていたら、気管虚脱で症状が悪化してしまっていたというケースも考えられるため注意してください。

 

チワワの僧帽弁閉鎖不全症

心臓の左心房と左心室の間にある僧帽弁という弁の異常で起こる心臓病僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)といいます。
僧帽弁がうまく閉鎖できなくなり、心臓が収縮する際に全身に送られる血液の一部が左心房へ逆流してしまいます。

【主な症状】
咳をする(主に夜間や運動時)/心音に雑音が聞こえる/疲れやすい/呼吸困難
【特徴】
初期に症状は現れず、老年期になってから症状が顕著になる。
進行すると肺水腫を起こし、心不全を引き起こす。
犬の心臓病では最も発症率が高く、16歳になると75%がこの病気を持つといわれている。
老犬期の小型犬がかかりやすい病気。
【命の危険度】
『年齢や症状によって違う』
【原因】
年齢とともに弁がいびつにむくみ、かみ合わせが徐々に悪くなる/先天的な奇形、遺伝的な要因
【予防】
肥満を予防する/心臓の定期検査や聴診
僧帽弁閉鎖不全症の様子

カメマルさん
犬の心臓病では発症率が最も高い病気なんじゃ。
肺水腫や心不全を繰り返すうちに体力の限界を迎えてしまうことが僧帽弁閉鎖不全症の怖いところじゃの。

チワワの肺水腫

肺の中に水が溜まり、肺胞や気管支などに機能不全が起きる病気肺水腫(はいすいしゅ)といい、酸素と炭素ガスを交換する肺胞が水で妨害され、呼吸困難が生じます。

【主な症状】
咳をする/息が荒い/チアノーゼ(舌が紫色になる)/息が少しでも楽にできるように前脚をがに股のようにつっぱり、座ったままでいる/重症になると泡状の鼻水が出る、舌が青紫色になる
【特徴】
主に増帽弁閉鎖不全症などの心臓病と併発することが多い。
稀に熱射病などで発症する場合もある。
【命の危険度】
『やや高い』

急性の場合は命を落とす可能性もあります。
 いつもより咳が多い、呼吸に少しでも異常を感じたり「何日か様子を見てみる」といったことはとせずに早急に動物病院で診断してもらうようにしましょう。

【原因】
心臓の働きが悪くなることで、血液の流れが滞り肺の中に血液成分が漏れ出すことで起こる。
【予防】
他の病気が原因となって起こるため、肺水腫だけを予防する方法はありません。
肺水腫の様子
まあさ
こちらの動画のように重症化すると、突然失神してパタンと倒れてしまうこともあります。
急性の場合は命を落とす可能性もある重大な病気のため、飼い主さんは肺水腫の症状について理解しておき、呼吸に少しでも異常を感じたり、いつもより咳が多いと感じたらすぐに動物病院へ行きましょう。

チワワの軟口蓋過長症

口腔内の天井部から後方に伸びた柔らかい部分を軟口蓋といい、この軟口蓋が通常よりも長いことで呼吸がしづらくなってしまう呼吸器系の病気のことを軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)といいます。

短頭種に多くみられる呼吸器系の病気を総称して「短頭種症候群」と呼ぶこともありますが、軟口蓋過長症もこの短頭種症候群のひとつです。

【主な症状】
ゼーゼーと雑音が混じった呼吸/大きないびき
【特徴】
食事の飲み込みがし辛くなり、嚥下障害や誤嚥が頻繁になる。
小型犬の短頭種に多い。
夏場は呼吸の乱れから体温が上昇、熱中症を起こす危険性もある。
【命の危険度】
『重篤化すると命の危険も考えられる』
【原因】
先天性/何らかの原因で鼻腔に過剰な圧力がかかり、後天的に発症することもある。
【予防】
肥満を予防する/激しい運動は避ける/暑い時期の環境に気を配る/興奮させすぎないようにする
軟口蓋過長症の様子

まあさ
外科手術で軟口蓋を切除することが推奨されており、手術費用は3~10万円です。
術後は多少の咳や嘔吐などがある場合もありますが、咽頭虚脱や気管虚脱を併発している場合を除き、術後の経過は良好なことが多いようです。

また、短吻種の犬は麻酔によるリスクが高い、高齢になると進行した喉頭虚脱を併発する可能性があるというふたつの点から、高齢期を迎える前のに手術を検討した方が良いかもしれません。

チワワの肺炎

肺炎は犬の肺に関する病気の中では一番多く、症状が進行すると死に至る可能性もあります
健康な状態で肺炎を起こすことは稀で、他の病気の影響で抵抗力が低下したときに発症しやすいといわれています。

【主な症状】
咳をする/発熱/食欲や元気の低下/運動を嫌がる
【特徴】
健康な状態で肺炎を起こすことは稀で、他の病気の影響で抵抗力が低下したときに発症しやすい。
【命の危険度】
『やや高い』
【原因】
ウイルスや細菌、カビや寄生虫などの感染症/刺激性のガスや薬品を、吸い込むことで起こる場合もある。
【予防】
定期的なワクチンの接種/適度の運動、ドッグフードの量や質を見直し強い体を作る/散歩時に拾い食いをさせない
パダワン
その他にも、たばこの煙や一部のアロマは肺やその他の呼吸器に悪影響を及ぼすことがあるから控えてほしいぞ!

チワワのフィラリア症

成虫になると30cm にもなる糸状のフィラリアという寄生虫が、蚊を媒介して心臓や肺動脈に寄生する病気フィラリア症といいます。

病気のことをあまり詳しくない方でも、一度は耳にしたことがあるような認知度の高い病気です。

【主な症状】
  1. 初期段階
    症状はほとんどなく、この段階で感染を把握するのは困難です。
    症状が出てくるのは成虫が心臓や肺動脈に寄生し始めてからです。
  2. 中期段階
    咳や息が荒くなる頻度が高くなる/食欲はあるのに体重減少/脱毛、毛艶が悪くなる/お腹が膨らむ(水がたまり始める)
  3. 末期段階この段階は大変危険な状態です
    吐き出そうとするような激しい咳/おかしいと気づくほどお腹が膨らむ(水が溜まっている)/胸部に水がたまる/貧血/少し動いただけで失神/心臓肥大/肝硬変
【特徴】
フィラリアが多数寄生している場合には、大動脈症候群(急性犬糸状虫症)と呼ばれる急性症状を起こすことがあります。大動脈症候群は緊急治療が必要な状態であり、治療が遅れると死亡率はほぼ100%です。
【命の危険度】
『やや高い』
【原因】
蚊によるフィラリアの媒介
【予防】
フィラリア症予防薬(経口剤)を、毎月1回、1ヵ月間隔で服用させる。
感染を100%阻止することが難しいですが、薬を服用すれば寄生することを高確率で阻止できます。

チワワの熱中症

蒸し暑い室内や車内での留守番、暑さが厳しいなかでの散歩の際になりやすいのが熱中症(熱射病、日射病)です。

人間と違って犬はほとんど汗をかきません。狭い室内や車内に閉じこめられたり、水分補給ができないような環境では体温調節が難しく、熱中症になりやすいです。

【主な症状】
口を大きく開けて、ハァハァと息苦しそうな息/よだれを大量に出す/悪心や嘔吐/下痢/目や口腔粘膜の充血
  1. 【症状が進行すると】
    虚脱や失神/筋肉の震え/意識の混濁/呼びかけにあまり反応しない/完全に意識がなくなる/全身性の痙攣発作
  2. 【症状がかなり進行すると】
    吐血や下血(血便)/血尿/チアノーゼ/最悪の場合はショック症状
【特徴】
次のような犬は熱中症になりやすい傾向があります。
短頭種/北方が原産/肥満/心臓や呼吸器が弱い/子犬や老犬
【命の危険度】
『やや高い』
重症な場合は命に関わります。
【原因】
  • 蒸し暑い日の車内、閉め切った部屋での留守番
    犬の熱中症の原因でもっとも多いのが、車内での留守番です。日差しの強い駐車場で、エアコンをつけずに停車した車内は、熱がこもり温度が急上昇します。そのような車内では、たった数分で熱中症になってしまうことがあります。
    エアコンのかわりに窓を少し開けたとしても安心はできません。
    また、直射日光が室内に入り込む状態や、ケージの中などに入れ、犬が自分で涼しい場所に移動できない状態での留守番も危険です。エアコンをつけているからといっても油断はできません。
  • 蒸し暑い日、時間帯の散歩
    真夏のアスファルトの上は50℃近くに到達します。地面近くを歩く犬は照り返しによる放射熱を受けやすく、人間の想像以上に暑さの影響を受けます。また、高温のアスファルトやマンホールの上は、足の裏(肉球)がやけどするという危険性もあります。
【予防】
  • 車内で留守番をする場合
    なるべく車内に犬だけにしない。どうしても同伴できない場合、近くの日陰や風通しの良い場所を選んで繋いでおく。
  • 部屋で留守番をする場合
    カーテンを閉めて、エアコンをドライ(除湿)モードでつけるなどして、室温が上昇しないように心がけましょう。
    ケージの中に入れる場合は、設置場所に気をつけましょう。
  • 散歩
    日中の散歩は控え、早朝か夜の散歩に切り替えましょう。散歩の時間を短くしてあげることも大切です。

熱中症の応急処置

熱中症になってしまったら、まずは焦らず応急処置を行ってください。特に、重度の熱中症の症状が見られる場合は応急処置がとても大事になります。

応急処置を行いながら、動物病院へ連絡して指示を受けましょう。

意識がある場合

  1. 水をたくさん飲ませる
    涼しい場所へと移動させ、水分が摂れる状態であれば、たくさん飲ませてあげましょう。薄めたスポーツ飲料(水で2倍程度に割ったもの)をあげるのも効果的です。
  2. 体を冷やす
    保冷剤や濡らしたタオルで頭と太い血管のある首、脇、足の付け根などを冷やします。ホースやシャワーなどで直接水をかけてあげるのも良いでしょう。

小型犬や子犬などは冷やしすぎると体温が下がり過ぎるので、口や耳の中を時々さわって冷たくなりすぎていないか確かめましょう。
39℃まで下がったら冷やすのをやめて、なるべく早く動物病院に連れて行き診察を受けましょう。

意識がない場合

冷水を体全体にかけるなどして急いで体温を下げる処置を行い、一刻も早く動物病院に連れて行きましょう。
意識がないことに慌てて、応急処置を何もせずに病院へ向かえば、途中で症状が悪化しかねません。

まずは体を冷やしてあげることを忘れないようにしてください。

症状が落ち着いても油断は禁物

体温を下げて見た目は平常に戻っていても、体内の循環器や臓器がダメージを受けている可能性があります。

後遺症が残ることもあるので自己判断せず、必ず動物病院で診察を受けましょう。

飼い主さん
私が小さいころに飼っていたの犬も咳をすることがあったんです…。
もしかしたら、命を脅かすほどではないけれど、何かの病気だったのかもしれません…。
まあさ
病気のことをあまり詳しくない方は、犬の咳に重大な病気が潜んでいるなんてわからないから
「喉に何か引っかかったのかな」
といった程度にしか感じず、見過ごしがちになってしまうかもしれませんね。
ウーモ
確かに…。
雑音の混じった息をしている犬を見たことあるけど
「なんでこんなに息が荒いんだろう、興奮しているのかなぁ」
って思っただけで病気のことなんか思い浮かばなかったよ!
まあさ
だからこそが飼い主がしっかりとした予備知識を蓄えておくことが重要ね。
そして、少しでも異変が感じられたらすぐに病院へ行くことです
わさび
息の異変についてはよくわかったけど、もうひとつわかったことは太りすぎは良くないってことだね
飼い主さん
(じーーーーーー)
わさび
(じーーーーーー)
まあさ
(じーーーーーー)
ウーモ
(じーーーーーー)
パダワン
ブヒッ!!!!!!?

チワワの肥満について

まあさ
さて、ここからはたくさんの危険が隠れている肥満についてです。

パダワンも肥満についてちゃんと勉強するのよ?

パダワン
オレはただの愛されボディなだけなのになぁ…。

チワワの肥満によるリスク

チワワは“世界最小の純血犬”で、体格にもよりますが、成犬の基本体重は1~3キロとされています。
つまり、基本体重より重たいと「肥満」ということになります。

肥満によるリスクは、先述の内容と重複するものもありますが、次のようなことが挙げられます。

  • 呼吸器や循環器疾患のリスクが高くなる
  • 糖尿病などの内分泌疾患のリスクが高くなる
  • 膝や腰などの関節への負担が大きく膝蓋骨脱臼椎間板ヘルニアになりやすくなる
  • 全身麻酔の際のリスクが高くなる
  • 熱中症のリスクが高くなる
チワワは骨格が小さく関節もあまり強い方ではありません。
太りすぎることで、特に足腰への負担が大きくなります。

チワワの肥満の原因

元々チワワは少食のため、ぶくぶく太りすぎてしまうことはありません。
しかし、人間同様でおやつは別腹。食べ過ぎてしまうこともしばしばです。

この“おやつの食べ過ぎ”がチワワの肥満の圧倒的な原因といわれています。

その他に考えられる原因としては 

  • 幼犬用の高カロリーフードを与え続けてしまっている
  • 去勢手術後の体質の変化
『“ほんの少しの量”でも、超小型犬のチワワにとっては“たくさんの量”である』ということを認識することも重要です。

チワワのダイエット

ダイエットと運動

「よし!ダイエットするぞ!毎日ランニング10キロだ!」

といったように、人間はダイエットに運動を取り入れますが、犬の場合、運動は肥満に大きく影響しないとされています。 

  • 体が小さいため、室内でも十分な運動スペースとなり、自由に動ける環境にあれば散歩も必要ない
  • 骨格の小さなチワワがいきなり過度の運動をダイエットに取り入れることは危険
などの理由から、適度な運動は大事ですが、肥満状態にあるチワワのダイエットには細心の注意が必要となります。

効果的なダイエット方法

ダイエットに最も効果的なのは、食事量やおやつの量の見直しです。
おやつなどは細かく分けて回数を増やして与えることで、犬は満足感が得られ、ストレスを感じることが少なくなります。

犬のダイエットは運動量ではなく食事量で調整する”と認識しましょう。
そして“肥満の責任は犬ではなく、間違った健康管理をしていた飼い主の責任である”と反省しましょう。

パダワン
肥満が健康に良くないことは良くわかったよ…。
オレも太りたくないからなんとかフラペチーノは我慢しようかな…。
ラーメンの大盛り、チャーハンセットはやめても半チャーハンセットにしよう!
わさび
いやいやいや!そこは「セットをやめる」だろ!
まあさ
犬がラーメンを食べていることがそもそも大問題でしょ!

まとめ

  • 犬の呼吸数が1分間に40回程度を超え、ハアハアと息をしているようであれば何らかの病気が隠れている可能性がある。
  • 息が荒くなる原因として生理的現象、事故などによる外傷、病気が考えられる。
  • 気管虚脱は「ガーガー」といったような明らかにおかしい息が特徴。
  • 僧帽弁閉鎖不全症は進行すると肺水腫心不全を引き起こす。犬の心臓病では最も発症率が高い。
  • 肺水腫は急性の場合は命を落とす可能性もある。
  • 軟口蓋過長症は小型犬の短頭種に多い。
  • 肺炎は抵抗力が低下したときに発症しやすい。
  • フィラリア症薬を服用すれば寄生することを高確率で阻止できる。
  • 犬の熱中症の原因でもっとも多いのは車内での留守番で、数分で熱中症になる。
  • 肥満予防には、おやつの量を与えすぎないようにすること。
飼い主さん
犬はハアハアと呼吸することで体温を調整するのに、短頭種のチワワは鼻で呼吸がし辛くて体温の調整が苦手なのね…。
わさび
そして、体の構造が気管支にダメージを与えやすかったり、熱中症になりやすかったりするんだ。
まあさ
体が小さいために、ついつい食事やおやつを与えすぎてしまい肥満気味になってしまう…。そして、病気を引き起こしてしまうという悪循環が生まれてしまうのですね。

今回はチワワの息が荒いときに考えられる病気についてご紹介させていただきました。
どんな犬も人間も、健康であることが一番ではありますが、痛みのひとつを抱えていることも珍しくはありません。

大切な愛犬を病気から守ってあげられるのはあなただけです。

少しでも異変を感じた場合は、後回しにしたり、自己判断をしたりはせずにすぐに動物病院へ相談しましょう。

チワワの 斜視って何?その裏に隠されている恐ろしい病とは?

2019.04.30

犬の保険を安いものに切り替えたい!失敗しないタイミングと選び方

2019.02.22

その他のチワワの病気についてこちらにまとめてあります。
そして、こちらも大事。いざというときのためにペットの保険についてもまとめてあります。

ぜひ、参考にしてください。

 




愛犬に長生きして欲しいのなら、必ずこの記事を読んでください。

あなたの大切な家族であり、友である愛犬。その愛犬に長生きしてもらうために大切なコトをまとめました。




ABOUTこの記事をかいた人

駆け出しペットショップ店員まあさ

駆け出しペットショップ店員のまあさです。小さい頃から動物が大好きで、物心ついたときには、自分のペットショップを開くことが夢でした。社会人になって2年目のいま、夢を叶えるために毎日奮闘しています。このサイトでは、私が日々の勉強で培った知識を、「ペットを飼いたいと思っている方」や「ペットとの生活をより良くしたいと思っている方」に向けて、お話させていただきます。